変動費の節約

欲しかった本が買えて最高!ブックオフオンラインの「店頭受取」が便利すぎた。使ってみた感想や流れを解説。

\ シェアしてね! /

先日、初めてブックオフオンラインの「店頭受け取りサービス」を利用しました。

この店頭受け取りサービスが今後も利用したいと思える便利さでビックリ!

事の発端は、図書館で借りた「ある本」を欲しいと思ったことがキッカケ。

3年前の本だからか、店頭にはなく…。

さらに書き込みやマーカーなどもしたかったため、「むしろ新品より中古の方が良いのでは…?」と思って探してみたところ、ブックオフオンラインで見つけたというワケです。

でもブックオフオンラインの店頭受け取りは初めてで、戸惑うことばかり…。

そこでこの記事では、「ブックオフオンライン店頭受け取りの流れ」や「実際にやってみて分かったこと」などを解説していきます。

この記事を読むことでブックオフオンライン店頭受け取りのやり方が分かり欲しかった本の入手がグッとラクになりますよ。

古本は安く買えるほかに、遠慮なく書き込みやマーカーが出来るのも良いところ!本をよく読む方やビジネス本をよく読む方は、ブックオフオンラインの「店頭受け取り」のやり方を知っておいて損はありませんよ~!

欲しい本を
 探してみる! 

ブックオフオンラインで注文してから店舗で受け取るための流れ

私がブックオフオンラインで店頭受け取りを利用したときは、注文してから手元に届くまでに7日かかりました。

まずはブックオフインラインで注文してから受け取るまでの流れを解説していきます。

店頭受け取りの流れ

ブックオフオンラインで注文してから店頭で受け取るための流れは以下のとおりです。

  1. 商品をブックオフオンラインより注文
  2. 商品が店舗に到着したらメールでお知らせが来る
  3. 商品が店舗に到着してから7日間以内に受け取りに行く
  4. お店で名前と注文番号を伝える
  5. 支払い

大ざっぱに言うと「ブックオフオンラインで注文して店頭に届いたらメールが届くので、それから7日間以内に店頭に受け取りに行く」といった感じですね。

配送状況がマイページから追跡できる

ブックオフオンラインで店頭受け取りを選択すると、配送センターから受け取り先に指定した店舗に、ゆうパックで発送されるようです。

発送されると追跡番号がマイページに反映します。

【ブックオフオンライン】店頭受取してみた!配送センターより配送されたら情報が載る-min

配送状況はマイページの「発送元情報」より確認可能。

なお、この追跡で確認できるのは「ゆうパック(センターから店舗)の配送状況」です。

この追跡番号ではブックオフオンラインの配送センターがゆうパックで配送するまでの準備状況は分かりません。

商品到着のメールを待ちきれない時は、すでに配送されているのか?そもそもセンターから出荷されていない状況なのか?を、マイページからちょこちょこ確認してみましょう。

ブックオフオンラインの店頭受け取りのメリット

私はブックオフオンラインを利用して、店頭では見つけることが出来なかった本を定価の約30%OFFで入手できて大満足の買い物となりました。

3年前の本だったから見つからなかったのでしょうか…?

ここからは実際にブックオフオンラインの店頭受け取りを利用してみて感じたことなどを解説していきます。

約400万点の豊富な品揃えで欲しい本が見つかる

ブックオフオンラインは品揃えが豊富です。

公式サイトでは”400万冊の品揃え”と表記されています。

今回私が気になっていた2冊の本も、店頭にはなかったものの、ブックオフオンラインでは在庫がありました。

さすが400万点の品揃えですね。気になっていた本が店舗になくても、ブックオフオンラインなら取り扱っているかもしれないので要チェックです!

店舗受取なら1冊から送料無料

ブックオフオンラインでは1,500円以上の注文で送料が無料になります。

でも店頭受け取りであれば、購入金額に関係なく送料無料

欲しい本が1冊しかない」「1,500円を超えない」という時は、店頭受け取りを選択すれば、送料を気にすることなく購入することが出来ます。

本1冊でも送料がかからず購入できるのは大きな強みですね。

代金は店舗で支払い!現金払いも可能

ブックオフオンラインで店舗受取を選択すると、支払いは店頭ですることになります。

お店の決済方法に準じた決済方法となるため、現金で支払うことも出来るし、お店が対応していればスマホ決済も可能ですよ。

ネットショッピングだと「カード払い」や「銀行振り込み」が多いですよね。でも店頭受け取りであれば、支払い方法の選択肢が増えるのはメリット。「先に払って届かなかったらどうしよう…」という不安もありません。

発売年月日の表示、並べ替えが可能

地味に嬉しかったブックオフオンラインの機能なのですが、ブックオフオンラインでは本の検索時に発売年月日が分かるんです。

【ブックオフオンライン】発売年月日が表示されて便利!検索、並べ替え画面

ブックオフオンラインでは発売年月日が表示されます。新しい本が欲しいときにはかなり役立ちます。

情報の鮮度が大事なジャンルだと、発売年月日は購入の大きな決め手になりますよね。

例えば「制度や仕組みを書いた本」「世の中のトレンド真っ只中の本」などは、発売年月日が新しい方が良いことが多いです。

逆に「料理」「自己啓発」「エッセイ」「絵本」などは、新しい情報でなくても十分に役立ちます。

ブックオフオンラインで本を検索すると検索結果に発売日が表示されますし、発売日順に並べ替えすることも出来るため、発売年月日にこだわりのある時には使いやすいと言えます。

値札がない、梱包材もない

これまた地味な嬉しい点なのですが、ブックオフオンラインで購入した本は値札が貼付されていない状態でした。

値札って剥がすのが面倒で、うまく剥がれなかったときのガッカリ感と言ったらありませんよね。笑

ただ、もしかしたら今回は運良くシールが貼付されていなかっただけかもしれません。店舗から取り寄せた本などをセンターで取り扱っていれば、値札が付いていることもありそうです。

また店頭受け取りであればシンプルに本だけを渡されるため、ダンボールや梱包材の処分をしなくて良いのもラクでした。

店頭で買うと値札を剥がす手間があるし、自宅配送だと梱包材を廃棄する手間がかかるし…。店頭受け取りなら、この”2つの面倒”がないのが嬉しいですね。

ブックオフオンラインのデメリット

ブックオフオンラインを使ってみて、「おや?」と気になることもありました。

ここからはブックオフオンラインを使ってみて感じたデメリットを紹介していきます。

状態の確認が出来ない

個人的にブックオフオンラインの最大のデメリットだと思うのが状態がまったく分からないということ。

ブックオフの店頭に行って本を手に取ってみると、結構汚れているなぁ…と思うことが正直言って多々あります。

店頭であれば「この本の状態が悪いから買うのはやめよう」と購入の判断材料にできるのに対して、ブックオフオンラインでは状態の確認をする術がまったくありません。

もし期待していた本が思ったよりも使用感があったり、汚れていたりしたらガッカリってもんじゃないですよね。

中古なのである程度の使用感は覚悟しています。でも自分が許容できないレベルの状態の本が届くかもしれないのは大きなリスクだなと感じます。

もし使用感も判断材料にするのであれば、ブックオフオンラインだけではなくアマゾンの中古本で検索してみるのがかなりオススメです。

アマゾンの中古本は状態が掲載されているため、安心感がすごく大きいですよ。

私は少し神経質なので、大きく値段が変わらないなら状態がそれなりに良さそうなアマゾンの中古本を優先して買っています。もしアマゾンにそういった本がなければブックオフオンラインで買う感じですね。

価格が同じくらいであれば、状態が分かっている方が安心です。

状態も気になるようであれば、一度アマゾンの中古本もチェックしてみましょう。

アマゾンの中古本も
  チェックしてみる  

届くまでの日数は7日間と少し遅い

これも個人的に大きなデメリットだと感じている部分なのですが、ブックオフオンラインの店頭受け取りは届くのが少し遅いように感じました。

公式サイトによると、商品が店舗に到着するまでにかかる期間はおおよそ4~9日間ほどだとか。

私も今回注文してから店頭に届くまでに、7日間かかりました。

なんでこんなに遅いんだろう…?と思ってマイページを見てみると、配送センターから配送したのが注文より6日後になっているんですよね。

店頭に届いたのは配送してから翌日になっていましたし、店頭に到着した旨のメールも、店頭に到着した当日に配信されていました。

つまりブックオフオンラインの店頭受け取りが遅い原因は、配送センターからの配送に時間がかかっているからだと思っています。

注文を受けてから6日後に配送はちょっと遅いんじゃないかな…と思ってしまいました…。もしかしたら内部の人のみぞ知る事情があるのかもしれませんが、ユーザーとしては早めに配送してほしいですね…。

すぐに欲しい本の場合、4~9日間待つのはちょっと長く感じるかもしれません。

ブックオフオンラインの店頭受け取りでは、少し日数がかかることを覚えておきたいところです。

自宅配送であれば、注文より1~5日以内に発送されるそう。少しでも早めに欲しい本は、自宅配送を選択しておきたいですね。

公式サイトが重い

ブックオフオンラインのスマホサイトは、時間や曜日によってはスゴく重いです。

平日の朝に注文したときはサクサク進んだのですが、日曜日にサイトを開いてみると、なぜか全然先に進みませんでした。

Wi-Fiもスマホのデータ通信も試して、閲覧するデバイスも変えてみました。でもサイトの重さは変わりませんでした。サイトが重いなと思ったときは、平日に注文した方がサクサク進んでストレスフリーですよ。

受け取り可能な店舗が限られている

ブックオフオンラインの「店頭受け取り」はそもそも対応している店舗が限られています。

関連リンク

近所にブックオフがあっても、受け取り可能店舗でない可能性もあります。

店頭受け取りをする際には、「行きたい店舗で受け取りが出来るか」を確認しておく必要があります。

中身が確認できない

本屋さんに行く時って必ずしも「この本が欲しい!」と狙いを定めていないこともありますよね。

プラっと本屋さんに行って、その場で気になった本を手に取って、パラパラめくって気になった本を買うってこともあります。

これも本を買う時の楽しみのひとつですよね。

ただブックオフオンラインはオンラインショッピングなので当然と言えば当然なのですが、手に取ってパラパラ見ることが出来ません

中身を確認することが出来ないため、いざ買って読んでみると思っていた内容と違ってガッカリ…ということがあるかもしれません。

内容にこだわりがある時は、欲しい商品をピンポイントで購入するのが良さそうですね。

ただ、安い本であれば1冊100円~200円程度とそこまで大きい金額ではありません。

店頭受け取りであれば送料もかからないため、「いろんな本を読みたい!」という方には、ブックオフオンラインの店頭受け取りはむしろ”うってつけ”かもしれません。

なんとなく手に取った本がステキな内容だった時の喜びって大きいですよね。宝物を探す気分で、いろんな本を買ってみるのも楽しいかもしれません。

まとめ:ブックオフオンラインの店頭受取で、読書がもっと楽しくなる!

良い本には学びがたくさんあります。

良い作者さんにも出会えて、本を読むのがもっと楽しくなります。

その入り口として、古本という選択肢はオススメ。

古本は安く買えるというメリットが真っ先に思い浮かびますが、古くて入手しにくい本や、絶版になった本なども買えるのが良いところ。

古本だからこそ、ボロボロになるまでがっつり読んだり書き込んだりすることも出来ます。

気になっていた本があれば、1冊からでも送料がかからない「ブックオフオンライン」の店頭受け取りをチェックしてみてくださいね。

欲しい本を
 探してみる! 

Sponsored Link
\ シェアしてね! /

-変動費の節約

Copyright© 節約帳 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.