貯金

知っておきたい!【貯金】を成功させるためのマインドや心理学。

\ シェアしてね! /

貯金や節約にがんばるみなさん、今日もお疲れ様です。

貯金や節約はダイエットと同じで最終的には自分との戦いだったり、心理的な部分が影響してくることも多いですよね。

今月もまた残高が足りなくて銀行に走ることになっちゃった。もうイヤだな…。

お友達は家族旅行に行っているのに、うちはどうして節約生活ばっかりなんだろう?

貯金や節約をしていると、失敗して挫折してしまったり、「どうして自分だけ…」と思ったりしてしまうことはよくあること。

そう思ってしまうことは人間心理として当然のことなんです。

ただ、今後も長い長い節約生活が続くのであれば、

  • なぜそのように思ってしまうのか
  • そう思ってしまったときの対処法

などを知っておくだけでも、少し気持ちが軽くなるのではないでしょうか。

貯金や節約では「どんな仕組みを作るか」とか「どんな節約方法を実践するか」とかのやり方ももちろん大事なのですが、人間心理の側面から見ると、また違った考え方が生まれるかもしれません

こういった考え方は貯金や節約はもちろんですが、仕事や家事、育児など、あらゆる生活の場面で役立つマインドですので知っておいて損はありませんよ。

そこでこの記事では、貯金節約でもっとモチベーションをアップさせたいときや挫折したときのために「知っておきたいマインド」を、心理学を絡ませてお話していきますね。

小さな成功体験を収めて自信をつけよう!

今月も家計簿をきちんとつけられなかったな

お財布にお金がなくて慌てて銀行に走ることになっちゃった

わたしって本当にダメダメだなぁ…。

今月もお金が合わないとか、家計簿をきちんと付けられなかったとか、貯金や節約生活をしていると思い通りにできなくて落ち込むことなんてしょっちゅうありますよね。

そんなことが続くと「もうわたし、家計管理がダメなんだわ。どうせ来月も家計簿だって合わないんだし、貯金100万円なんてムリなんだわ。」なんて、自信がなくなってしまうかもしれません。

人間はこんな感じで失敗ばかりしていると自分に自信が持てなくなってしまって、新しいことに挑戦する意力が低下したり、場合によっては自尊心の低下から「自分なんて価値がないんだ」と思い込んでしまい、積極的な行動ができなくなってしまうことがあります。

でもちょっと視点を変えてみましょう。

心理学者のアルバート・バンデューラが唱えた「自己効力感」から見ると、

小さな成功体験を収めることで自分に自信を持つ

ことができるようになるそうです。

これを貯金や節約に応用すると、

貯金や節約へのモチベーションのアップ

につながって、

貯金や節約がもっともっとうまくいく

ようになりますよ。

この心理や具体例は「関連貯金に活かしたい「成功体験を積み重ねて大きな成功を掴む」心理。できることからコツコツと。」で解説しています。

個人的にはズボラさんには特にこの「自己効力感」を意識してほしいと思っています。

「ズボラだからダメ」なわけではないですし、大切なのは「ズボラでもとりあえず続けられる環境作りや目標設定」です。

わたしはこのブログの至るところで

  • まずは続けられるようにカンタンな家計簿でいい
  • 家計管理のルールはシンプルでいい
  • 楽しく便利にするためのグッズを揃えるのもあり

ということを力説していますが(笑)、これらはすべてこの「自己効力感」という考え方からきています。

ただズボラだからラクをしようとしているだけじゃなかったんだね。

ラクをして家計管理をすること自体はダメじゃないし、自分に合うやり方でやればいいんだよ。

お金を貯めて叶えたい夢や目標がある人は、ぜひ一度は目を通してみてくださいね。

節約生活で周りと比べてしまってつらいときは「目標の見直し」を!

あなたは貯金をしよう思ったら目標やそのための計画を立てますよね。

100万円貯めたい」とか、「とりあえずコンビニ通いを減らそう」とか、人によって立てる目標や計画は様々です。

わたしは結婚資金のためにとりあえず100万円が貯めたいなぁ。

でもその目標をもっと実現しやすいものに変えることで、実はもっともっとモチベーションがアップして、目標を達成しやすくなるんです。

100万円貯金しよう→1か月に4万円貯金しよう

コンビニ通いを減らそう→コンビニに行くのは週2回までにしよう

これはマーケティングなどでも利用されているテクニックで、心理学では「フレーミング効果」と呼ばれます。

こんなカンタンなことで挫折に強くなって、さらに貯金へのモチベーションがアップするなら、しない手はないですよね。

周りの人を見て貯金や節約に挫折しそうなときは、「関連「旅行や外食に行ける人がうらやましい…。」貯金に挫折しそうなあなたに目標の見直しのススメ。」でまずは目標の見直しをしてみることがおすすめです。

そもそも貯金が失敗してしまう考え方や行動になっていませんか?

貯金ができないと嘆く方はそもそも貯金がうまくいかない思考や行動パターンに陥っているかもしれません。

無意識のうちにそういった考え方や行動を取ってしまっていると、なかなか気が付けないことも。

どれもカンタンなことなのですが、まずは貯金成功を遠ざける考え方や行動になっていないかを「関連無意識に「貯金がうまくいかない行動」をしていませんか?貯金に失敗するパターンや心理って?」でチェックしてみましょう。

このパターンから脱出すると、もう少し貯金がやりやすくなり、今より図るかもしれませんよ😊

我慢ばかりはNG!精神的な余裕も貯金には必要!

貯金はとにかくコツコツと継続することが重要。

でも精神的な余裕がないと苦痛になってきて、結局途中で諦めてしまうことになりかねません。

なのである程度、気持ちの余裕を持てるような生活をすべきだと思っています。

ガマンだけの貯金生活って不満だらけだし、そのうち「自分って何を楽しみに生きてるんだろう?」なんて哲学じみたことまで考え始めてしまうんですよねぇ…。(経験済み。)

精神的な余裕を持つためには、例えば

  • プチプラコスメを楽しむ
  • 図書館で本を借りて読書を楽しむ
  • 友達と月に1回ランチを楽しむ

などなど、お金があまりかからなかったり、無料で楽しめる趣味を持つのがオススメ。

また、時間の余裕を持つことで、気持ちに余裕が生まれることもあります。

そういった気持ちに余裕を持つことの大切さや方法を、「関連無理なく貯金を成功させるために「精神的な余裕」は必須!薄給OLでも我慢はしないで!」で解説しています。

自分自身、「ガマンばかりの節約生活」を「楽しい節約生活」に変えられたのは、精神的な余裕を持つようになってからです。

貯金をしたい薄給OLさんは、自分に厳しいばかりでなく、気持ちに余裕を持つ方法を考えてみるのもオススメです。

具体的な貯金術や節約術でさらに家計管理が楽しくはかどる!

貯金や節約は続ければお金が貯まったり、夢に近づけることは分かっていても、そのモチベーションの維持が意外と大変です。

ときには落ち込んだり、イヤになったりすることもあるでしょう。

そう思ってしまうことも人間心理としては仕方がないことですが、ちょっとの対策でモチベーションはアップします。

ぜひ「貯金をするためのマインド」を知っておきましょう。

あなたが楽しく貯金できて、夢を叶えられますように!

Sponsored Link
\ シェアしてね! /

-貯金

Copyright© 節約帳 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.