貯金

ズボラこそやるべき「貯金の仕組み化」。先取り貯金するなら財形貯蓄、積み立て、振り込みのどの方法がおすすめ?

更新日:

あなたはどうやって貯金をしていますか?

あまったお金を貯金している?毎月貯金用の口座に移している?

実は自動的にお金が貯まる仕組みを作ってしまうと、効率よく、なおかつ手間をかけることなく貯金ができます。

貯金の仕組み化はズボラさん気が付くとお金がなくなっている人はもちろんですが、日々忙しい毎日を過ごす主婦やサラリーマンも活用したい方法です。

自動的にお金が貯まるとか、仕組み化とか、よく聞くけど怪しそう・・・。

きちんとしたサービスを利用しているのでご安心を!笑

貯金は「仕組み化するといい」とか、「自動化するとラク」だとか言いますが、実際にどのようにすればいいか分からない方も多いのではないでしょうか。

この記事ではそんな貯金仕組み化ビギナーに、自動でお金を貯める方法を解説していきますね。

貯金の仕組み化、自動化ってどういうことだろう

そもそも貯金の仕組み化とか自動化ってどういうことなの?

いろんなサービスを利用して勝手にお金が貯まる仕組みを作ろうってことだよ!

毎月あまったお金で貯金をしているけど、そもそもあまるお金が少ないから全然貯金ができていないというのはよく聞く話です。

そして貯金のつもりでいつも使う口座にお金を残していると、お金がたくさんあるように見えてついつい使ってしまいがちです。

なので貯金のコツはお給料が入ってからすぐに決まった金額を貯金してしまう「先取り貯金」でコツコツ貯めることだといえます。

とは言っても、毎月貯金用の口座にお金を移すのは面倒ですよね。

それなら会社の制度や金融機関のサービスを使って、お金を自動的に貯金してしまおう!

というのが貯金の「仕組み化」、「自動化」です。

なるほど。じゃあ仕組み化さえしてしまえば、ほったらかしでもお金が貯まっちゃうんだね。

そういうこと!夢のようだよね!笑

貯金をする前に適正な貯金額を見つけよう!

じゃあとりあえず毎月15万貯金してみようかな。

ちょっと待って!貯金はムリのない金額でしてね!

貯金を仕組み化する前に、まずは自分に合った貯金額を見つけましょう。

貯金をがんばるのもよいのですが、適正金額以上に貯金してしまうと余裕がなくなり、貯金が続かない原因となります。

貯金の適正金額に関しては「わたしの貯金額の適正額っていくら?」で解説していますので、よくわからない方は参考にしてみてください。

決めた金額はあとで変更することもできますが手続きが必要になってきますので、ムリすることなく貯金できる金額の設定がおすすめです。

貯金は「自動積み立て」、「財形貯蓄」、「自動振り込み」のどれにする?

貯金額を決めたら、次に実際に貯金する方法を決めましょう。

  • 財形貯蓄
  • 金融機関の自動積み立て
  • 自動振り込みサービス

貯金を自動化するためには、各サービスや制度を利用し、自動的に毎月お金が動く仕組みを作ります。

自動的にお金が動くってどういうことなの?

具体的な方法を見てみよう!

財形貯蓄

財形貯蓄は働いている人が利用できる、「決められた金額をお給料から天引きにして貯めてくれる制度」です。

例えばあなたのお給料が手取り15万円で財形貯蓄が4万円だとしたら、お給料は11万円しか振り込まれませんが、毎月4万円が自動的に積み立てられていく仕組みです。

財形貯蓄は導入していない会社もあったり、パートさんや契約社員の方でも利用することができたりと、会社によって対応はまちまち。

そして財形貯蓄には「財形住宅」、「財形年金」、「一般財形」の3種類があり、それぞれに通常の銀行預金とは異なる特徴があります。

まずはあなたや旦那様の会社で財形貯蓄を取り扱っているか確認してみましょう。

金融機関の自動積み立て預金

銀行や郵便局には、決められた日に決められた金額を自動的に積み立ててくれる「自動積み立て預金」というサービスがあります。

例えばお給料が15万円だとして、お給料日の翌日に4万円を自動積立にしておくと、自動積み立て用の口座に自動的に4万円が積み立てられる仕組みです。

自分で貯金用の口座に移し替える手間がないのでラクチンですね。

基本的には自動積み立て預金の申し込み書を書いて手続きをするだけでよいのですが、よく分からなければ銀行や郵便局のスタッフに聞きながらできるというのもメリットです。

逆にデメリットは「自動積み立て預金は同じ銀行内の口座間でしかできないこと」。

例えばみずほ銀行に振り込まれるお給料を三井住友銀行に自動積み立てするなど、異なる銀行間での自動積み立ては対応していないことがほとんどです。

異なる銀行に自動的にお金が貯まる仕組みを作るのであれば、次でご紹介する「住信SBIネット銀行の自動振込サービス」を利用するのがおすすめです。

住信SBIネット銀行の「定額自動振り込みサービス」

住信SBIネット銀行には、指定した日と口座に、自動で振り込みをしてくれる「定額自動振り込みサービスというものがあります。

家賃や保険料など、毎月決まった金額を自動的に振り込みすることを想定したサービスですが、このサービスを使って自分の銀行口座に振り込みをすると、自動的に貯金できる仕組みを作ることができます。

「定額自動振り込みサービス」自体は他の金融機関でも取り扱っていますが、住信SBIネット銀行が利用しやすい理由は「誰でも月1回は振り込み手数料が無料」だから。

さらにランクに応じて振り込み手数料の無料回数は増え、最大で毎月15回、振り込み手数料が無料になります。

住信SBIネット銀行はコンビニのATMから利用できて、さらに出金手数料にも無料回数があるため、利便性は抜群。

他にも住信SBIネット銀行には貯金に便利なサービスがあるため、住信SBIネット銀行を利用するなら「関連貯金するなら住信SBIネット銀行がおすすめ!」の記事で他のサービスもチェックしてみてくださいね。

まとめ:貯金の仕組み化でズボラさんでも確実にお金を貯められる!

貯金は続けることが大切ですが、面倒と感じてしまうとなかなか続きません。

まずはお金が勝手に貯まる仕組みを作って自動化し、コツコツと確実にお金を貯めていきましょう。

住信SBIネット銀行はわたしも愛用してますよん!

Sponsored Link

 おすすめ 

貯金

貯金へ

節約

節約へ

家計簿

家計簿へ

ブログ

ブログへ

公的制度

公的制度へ

TOP

TOPへ

-貯金

Copyright© OLあさとさんの節約帳 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.