節約

ふるさと納税ってなに?お得な理由って?よく分からない初心者にざっくり解説するぞ!

更新日:

数年前からよく聞くようになった「ふるさと納税」。あなたも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

納税することで何かがもらえるってことくらいしか知らないなぁ。

節税に役立つってことは分かるけど、税金って聞くだけでちょっと敬遠しちゃうんだよね。

ふるさと納税が「自分が住んでいる地域以外の自治体に対して寄付をして応援できる」ということや「見返りとしてその土地の名産品などが贈られてくる」ということはざっくりと知っているんだけど、「詳しいことが分からない」という方は結構多いのではないかと思います。

この記事では、ふるさと納税初心者が知りたい「ふるさと納税の仕組みなどについてご紹介していきたいと思います。

そもそもふるさと納税ってなんだろう?

ふるさと納税というのは「自分が住んでいる地域以外の自治体に寄付をして応援することができる制度」です。

ふるさと納税は好きな地域に寄付をすることで応援できる制度!

ふるさと納税は好きな地域を応援できる制度!

この地域に寄付をして応援したい!

  • 上京したけど自分の生まれ育った自治体を応援したい
  • 旅行などで立ち寄った地域が良い土地だったので支援したい

普段は自分の住んでいる地域に納税しているけど、別の地域にも納税をして応援したい。そんな思いを叶えてくれるのが「ふるさと納税」です。

そしてふるさと納税は寄付金の使い道を、寄付した側から指定することができるというのも特徴です。

寄付金の使い道の例

  • 文化財の保護
  • 環境保全
  • 子育て支援

使い道は自治体ごとに用意している項目の中から選択するという形になるため、具体的に指定することはできません。

それでも自分の寄付金が何に使われるのか明確になるというのは寄付する側としても安心感がありますよね。

ふるさと納税のメリットとは?

じゃあふるさと納税のメリットってなぁに?

返礼品がもらえること」と、「税金の控除の対象になる」ということかな!

ふるさと納税の仕組みをざっくりと図解にするとこんな感じ!

ふるさと納税のメリットは「返礼品がもらえること」と「税金の控除の対象になる」こと!

ふるさと納税は前述の通り、寄付金の額に応じて様々な返礼品を受け取ることが可能です。

返礼品はその土地の名産品などの場合が多く、離れた土地の名産品を手に入れることができるというのはメリットと言えるでしょう。

また、ふるさと納税は税金控除の対象になるというのも特徴の一つです。

ふるさと納税で他の地域に寄付金を送った際、2,000円を上回った分に関しては、一定の限度額まで所得税と住民税から全額控除されるようになっています。

つまり、しっかりと限度額を意識して行うなら、ふるさと納税で支払う金額は実質2,000円の負担で済み、離れた地域の特産品を受け取ることができるということですね。

これはけっこうオトクなんじゃ…!?

ただし、全額控除となる寄付金の額については「所得」や「配偶者の有無」などによって変わります。正確な額が知りたいという場合は、自分が住んでいる自治体や税理士の方などに相談するとよいでしょう。

ふるさと納税をする際の手順

ふるさと納税、オトクそうだな。どうやってやるんだろう。

じゃあふるさと納税の手順を見てみようか!

それではふるさと納税をする際の手順について見ていきましょう。

ふるさと納税の手順

  1. 寄付金を送りたい自治体を決める
  2. ふるさと納税のサイトから寄付の申し込みをする(「ふるさとチョイス」、「さとふる」など)
  3. 寄付金を送った自治体から、「返礼品」と「寄附金受領証明書」が届く
  4. 「確定申告」または「ワンストップ特例制度」の申請をする

税金の控除を受けるためには「確定申告」または「ワンストップ特例制度」の申請をする必要があります。

 ワンストップ特例制度って?

「ワンストップ特例制度」とは、確定申告をしなくても、以下の条件を満たしていれば控除申請ができる便利な制度です。

  • ふるさと納税以外の確定申告が不要な給与所得者であること
  • 1年間でふるさと納税の寄付先が5つ以下

確定申告、ワンストップ特例制度では必要な書類が違うことに注意!

税金の控除を受けるため提出する書類は、「確定申告」か「ワンストップ特例制度」のどちらで控除申請をするかで少し違ってきます。

ワンストップ特例制度

以下の書類を寄付先の自治体に郵送します。

  • 特例申請書(「ふるなび」などのサイトでダウンロード可能)
  • マイナンバーカードのコピー
  • 身分証明書のコピー(運転免許証など)

確定申告

  • 源泉徴収票
  • 寄付金受領証明書
  • 印鑑と還付金の受取口座

ふるさと納税をした際には、ふるさと納税を行った証明として、寄附金の領収書にあたる「寄附金受領証明書」が送付されてきます。

この「寄附金受領証明書」はワンストップ特例制度で控除申請するときには提出の必要はありませんが、万が一提示を求められたときのために保管しておきましょう。

まとめ:ふるさと納税でオトクに節税しよう!

ふるさと納税は、しっかりと申請処理をすれば2,000円というごく小さい負担で好きな地域を応援することができて、その地域の特産品を返礼品としていただくことができる、少しオトクな制度です。

特産品をゲット&節税でわたしたちはハッピー、納税された地域も地域の活性化につながってハッピーですね。

「ふるさと納税」の制度を有効活用して、あなたもぜひ返礼品をゲット&節税に役立ててみましょう。

今年こそふるさと納税デビューしてみよう!

Sponsored Link

 おすすめ 

貯金

貯金へ

節約

節約へ

家計簿

家計簿へ

ブログ

ブログへ

公的制度

公的制度へ

TOP

TOPへ

-節約

Copyright© OLあさとさんの節約帳 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.