節約

住宅ローンの借り換えで節約ができるかも!何百万も効果が出る人も!?金利に悩んだらモゲチェックプラザの無料診断でチェック!

更新日:

この記事の内容

住宅ローンの借り換えで住宅ローンが安くなるかも🙌

モゲチェックプラザに依頼すると乗り換えサービスの比較がおまかせでできてラクチン

まずはカンタンにシミュレーションしてみよう🥰

住居費は家計の見直しをする上で面倒なのでサボりがちですが、

  • 一度削減しておくと後々ラクになる
  • 家庭によっては何千円、何万円という大きな単位で削減ができる

ということで、実は固定費を節約したいなら要チェックな項目です。

特に住宅ローンの場合は面倒そうですが、実は住宅ローンの借り換えのシミュレーションをオンラインや電話診断でカンタンにできるサービスがあるんです。

これを活用しない手はないー!!!!

ということで、住宅ローン見直し節約をしたい方はぜひ一度はチェックしておきたい借り換えサービスについて見ていきましょう。

住宅ローンの
\ 節約ができる!? /

適正な住居費は一般的に「手取り月収の25%」

知っておきたい!

適正な住居費は一般的に

  • 月収の手取りの25%
  • 月収の手取り30%を超えると家計が厳しくなる

と言われています。

我が家で言うと月収の手取りが33万円なので、その25%と言うと毎月82,500円が適正な住居費となります。

ちなみに我が家の住宅ローンは75,000円のため、収入に対して多すぎるということはありません。

住宅ローンの借り換えサービスなら「どれだけ安くなるか」「最適な金融機関の住宅ローン」が分かる!

そうは言っても…。

収入に対しては決して大きい金額ではないと言われても、やはり住宅ローンにかかってくる費用は大きいもの。

この金額をウン十年も払い続ける必要がありますし、我が家の場合は変動金利のため、この金額よりも上がることだってあるわけです。

ただ、住宅ローンを節約したいと思っても、住宅ローンは金利だけを見ればよいというものでもなくて、もろもろの経費も考慮する必要があって複雑なのですごく分かりづらい…。

住んでいる地域の金融機関に足を運んで、面と向かってプロに相談したいところなのですが、

  • 金融機関の営業時間内に行くのが難しい
  • 比較するのはその金融機関の住宅ローンだけなので本当にオトクなのか分からない

というのが少し気になるところです。

そこで利用してみたいのが「住宅ローン借り換えサービス」。

住宅ローン借り換えサービスであれば、

  • オンラインでシミュレーションができる
  • 電話でも診断できる
  • いろんな金融機関の住宅ローンの中から最適なものをピックアップしてくれる

ため、忙しい人でも住宅ローンの節約ができるかもしれないのが最大のメリットです。

オンライン、電話で完結!「モゲチェックプラザ」が利用しやすい

具体的に言うと?

住宅ローンの借り換えサービスで利用してみたいのがモゲチェックプラザ」。

モゲチェックプラザは本格的な住宅ローン乗り換えサービスで、なおかつ忙しい人にうれしいメリットもあります。

モゲチェックプラザのメリット

オンライン、電話だけで済ませることができる非対面型🙎

3つの書類だけで700もの金融機関の一括審査が可能📄

コンサルしてくれるのは全員銀行で住宅ローンの実務経験がある人なので安心✨

金融機関との金利の交渉も引き受けてくれる🥰

オンライン、電話だけで診断できたり、コンサルしてくれるのが実際に銀行での実務を経験した人というのはすごいですよね。

さらに電話診断は20時まで対応しているため、働いる人や忙しい主婦でも利用しやすいのがうれしいところ。

特に忙しくてズボラな方にうれしいポイントは

たった3つの書類だけで700もの金融機関の一括審査が可能

ということ。

というのも、本来住宅ローンの借り換えの審査にあたって必要となってくる書類というのは

本人確認書類、収入証明、返済予定表、物件関係書類、住民票、課税証明書

などで、場合によってはもっとたくさん必要になることもあるんです。

ですがモゲチェックプラザで一括審査をしてもらうにあたって必要な書類は

人確認書類、収入証明、返済予定表のたった3つだけ

なんです。

たったこれだけの書類で最適な住宅ローンを診断できるの!?

住宅ローンの借り換えと聞くと難しそうなイメージがありますが、たった3つの書類だけで診断ができて、しかもプロに電話で話を聞くことができるというのは安心感が大きいですよね。

さらにモゲチェックプラザは実は「クローズアップ現代(NHK)」や「日経ビジネス」でも特集を組まれたことがあり、相談件数は5,000件以上にものぼる人気の住宅ローン比較サービスです。

しかも、実際に返済額を削減した事例として

  • 2,300万円以上あった相談者のローン残高を500万円削減
  • 6,200万円以上あった相談者のローン残高を1,200万円削減

などの確かな実績付き。

ここまで大きく削減できるのは現在の住宅ローンの金利がそれなりに高い方ですが、そうでなくても、住宅ローンの金額に悩むのであれば一度相談してみる価値はありそうです。

住宅ローンの
\ 節約ができる!? /

モゲチェックプラザは診断までは無料!ただし乗り換えをすると手数料が発生

手数料は?

モゲチェックプラザはどこまでが無料なの?

モゲチェックプラザは借り換えが成功して初めて料金がかかってくる「成功報酬型」です。

面倒な「金融機関探し」や「借り換えの交渉」までは無料でしてくれますので安心ですね。

さらに具体的に言うと、モゲチェックプラザに申し込んでから借り換えに成功するまでの流れのうち、以下の流れの「4.希望の金融機関に申し込み」までが無料です。

step
1
オンライン無料診断

オンラインで3つの項目を入力するだけでどれだけ削減できるかがシミュレーションできる。

step
2
電話無料診断

現在の契約をもとに、「どれだけが削減できるか」、「固定金利と変動金利のどちらがいいか」などを電話でさらに詳しく診断できる。

step
3
700金融機関の中からチェック

現在の契約や電話診断で相談した内容をもとに、700金融機関の中から最適な住宅ローンをピックアップ。

step
4
希望の金融機関に申し込み(ここまで無料)

「3.700金融機関の中からチェック」でピックアップした金融機関のうち、希望の金融機関に借り換えを申し込む。

このときの交渉や必要な書類はモゲチェックプラザがしてくれる。

step
5
借り換え成功

希望の金融機関の審査に合格すると借り換えが成功。

ローンの借り換えをするには、最終的に「step 5」で希望の金融機関の審査に合格しなければいけません。

なので「希望の金融機関に申し込むまでの段階」や、「審査をしたけど落ちてしまった場合」でも料金は発生しません。

住宅ローンの乗り換えでイチバン大変だと言われるのが「オトクになる金融機関を探すこと」だと言われていますが、その面倒な部分をモゲチェックプラザで無料でしてもらえるので助かりますね。

かかってくる費用は25万円~50万円

どのくらいかかる?

モゲチェックプラザでかかってくる料金は借り換えでオトクになった料金の10%となっています。

ただし、下限25万円(税別)、上限50万円(税別)と決まっていますので、ざっくりと言ってしまえば、かかってくる料金は「25万円~50万円(税別)」ということになります。

手数料としてはバカにできない大きな料金ですが、住宅ローンの借り換えをすることで何百万円の削減ができる方もいますので、

  • どのくらい住宅ローンを削減できるか
  • モゲチェックプラザに支払う料金

を考慮して、最終的にオトクかどうかを判断する必要があります。

審査に合格したら手続きは自分たちでする必要がある

自分たちですることは?

モゲチェックプラザは無料診断から始まって、借り換えが成功(借り換え先の金融機関の審査に合格)するまで見守ってくれます。

ですが審査に通ったあとの手続きは自分たちでする必要があります。

1.現在借り入れ中の金融機関の住宅ローンを全額繰り上げ返済

現在借り入れ中の金融機関に連絡し、住宅ローンを全額繰り上げ返済することを伝えます。

すると返済する住宅ローンの金額を教えてくれますので、必要書類を記入して提出します。

2.抵当権の抹消登記と設定登記の手続き

抵当権の抹消登記と設定登記の手続きをする必要があります。

この手続きは司法書士に依頼することが多いようです。

これらの手続きは自分たちでする必要があることは覚えておきたいですね。

まずは無料診断でどれだけオトクになるかをチェックしてみよう!

まずは無料診断!

いくらモゲチェックプラザが借り換え成功まで見守ってくれているとは言っても、住宅ローンの借り換えははっきり言ってワケが分からないことも多いし、手続きも面倒に感じてしまいますよね。

ただ、住宅ローンを借り換えることで、何百万、何千万単位で節約できた方がいるのも事実。

多少面倒だとしても、それに見合った金額が削減できるならぜひ見直しておきたいところです。

特に住宅ローンの借り換えでメリットが出やすいのは以下のような人。

メリットが出やすい人

2000年〜2010年にローンを借りた人

フラット35で借りている人

現在の金利が1%以上の人

元本が1,500万円以上ある人

まずはオンライン無料診断で「残高」、「金利」、「残期間」、「年齢」を入力してざっくりとシミュレーションしてみましょう。

もし気になれば、電話診断を受けてみたり、オトクな金融機関をピックアップしてもらうのがいいですね。

住宅ローンの
\ 節約ができる!? /

ちなみに我が家は月々4,000円の削減になるみたい!

まとめ:住宅ローンでも住居費の削減で節約できるかもよ!

まとめると?

住宅ローンだからと言って、住居費が節約できないとは限りません。

特に現在金利が高い人や、元本が1,500万円以上ある人は住宅ローンの借り換えのメリットが大きいかもしれません。

我が家の住宅ローンはこのままでいいのかな?」と感じている人は、まずは無料のシミュレーションや電話での相談などを利用して、プロに話を聞いてみましょう。

住宅ローンの
\ 節約ができる!? /
Sponsored Link

 おすすめ 

貯金

貯金へ

節約

節約へ

家計簿

家計簿へ

ブログ

ブログへ

公的制度

公的制度へ

TOP

TOPへ

-節約

Copyright© OLあさとさんの節約帳 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.