節約

楽天マガジンがおすすめすぎる!雑誌代が高いと嘆くあなた→たった324円で雑誌が読み放題ですよ!

更新日:

誰もが見ていてワクワクしてくる雑誌。

あなたはどんな雑誌が好きでしょうか?コスメ?ファッション?料理?デジモノが好きという人もいますし、中には週刊誌や経済の雑誌が大好きという人もいるかもしれませんね。

でも雑誌って毎月買っていると結構かかっちゃう…。ファッション誌なんて700円近くするし…。

楽天の雑誌読み放題サービス「楽天マガジン」はどうかな?

雑誌って楽しいし役に立つのですが、興味のあるジャンルの雑誌を買いまくっていると大変な金額になってしまいますよね。

そんなあなたにおすすめしたいのが「楽天マガジン」。

楽天マガジンは約250誌以上の雑誌がたった300円~400円ほど(税別)で読み放題という、まさに夢のようなサービスです。

ファッション誌はもちろんですが、コスメ料理経済趣味など、OLさんがうれしい雑誌も盛りだくさん!

好きな雑誌を読みあされちゃうよ!

そこでこの記事では、アラサーOLのわたしが愛してやまない雑誌読み放題サービス「楽天マガジン」のサービスについて紹介していきます。

まずは31日間無料で
 読み放題をお試し! 

楽天マガジンがおすすめなのはたった300円で250誌以上が読み放題だから!

わたしが楽天マガジンを薄給OLさんにこそおすすめしたい理由はズバリ、

1か月あたり300円(税別)という安さで250誌以上の雑誌が読み放題

だからです。

たった300円で雑誌が読み放題なんですよ?すごくないですか?

どんな料金プランになっているの?

月額プランと年額プランがあるよ!

楽天マガジンの料金プランには

  • 月額プラン:380円(税別)/月
  • 年額プラン:3,600円(税別)/年

の2種類のプランが用意されています。

年額プランなら1か月あたり300円(税別)で利用できて、数ある雑誌読み放題サービスの中でもぶっちぎりの安さです。

雑誌って1冊で300円以上するものが多いのに、読み放題で300円はかなりコスパがいいね。

まずは31日間無料で
 読み放題をお試し! 

取り扱う雑誌の種類はジャンルが豊富!

読み放題って言うけどどんな雑誌が読めるの?

有名な雑誌が多いしジャンルもかなり豊富だよ!

楽天マガジンが取り扱う雑誌はなんと約250誌以上!

私が登録した2017年の秋頃では取り扱い雑誌数は200誌でしたが、2019年1月にはさらに取り扱う雑誌が増えました。

雑誌のジャンルは多岐にわたり、老若男女問わず、興味のある分野の雑誌を幅広く取りそろえています。

一部を紹介するね!

 女性ファッション・ビューティーの例

  • S!cawaii
  • LEE
  • STORY
  • Oggi
  • CLASSY
  • MORE
  • Ray
  • CanCam
  • GINGER
  • JJ
  • nonno
  • 美ST
  • ar
  • 美しいキモノ
  • キレイな大人ヘア

 女性ライフスタイルの例

  • クロワッサン
  • anan
  • ゆうゆう
  • サンキュ!
  • 婦人画報
  • 家庭画報
  • LDK
  • 日経ウーマン
  • たまごクラブ
  • ひよこクラブ
  • ELLEマリッジ
  • OZPLUS

 グルメ・トラベルの例

  • 春ぴあ
  • 冬ぴあ
  • ELLE
  • dancyu
  • ワイン王国
  • ビール王国
  • ウォーカーシリーズ(東京ウォーカー、横浜ウォーカー、九州ウォーカー、東海ウォーカー、北海道ウォーカー)
  • おとなの週末
  • OZマガジン
  • ハワイスタイル

 IT、ガジェットの例

  • GoodsPress
  • 週刊アスキー
  • 家電批評
  • MacFan
  • デジモノステーション
  • モノクロ
  • 日経PC21
  • Web Designing

 ビジネス、経済の例

  • 週刊ダイヤモンド
  • 週刊東洋経済
  • 日経マネー
  • 日経トレンディ
  • ダイヤモンド・ザイ
  • モノクロ the MONEY

 ニュース、週刊誌の例

  • 週プレ
  • FRIDAY
  • 女性セブン
  • アサヒ芸能
  • 女性自身
  • ダ・ヴィンチ
  • 週刊大衆
  • 週刊SPA!
  • NEWS WEEK
  • FLASH
  • 週刊現代
  • 週刊ポスト
  • きょうの健康

 家事・インテリアの例

  • CHANTO
  • ESSE
  • オレンジページ
  • レタスクラブ
  • きょうの料理ビギナーズ
  • きょうの料理
  • 3分クッキング
  • Pre-mo
  • Baby-mo
  • +1Living
  • Come home!

 趣味、娯楽の例

  • ムー
  • 声優アニメディア
  • アニメディア
  • 週刊ザ・テレビジョン
  • ファミ通
  • DVD動画配信でーた
  • 日経エンタテインメント!
  • ぴあMovie Special
  • ベストカー
  • ホリデーオート
  • カワサキバイクマガジン
  • ENGLISH JOURNAL
  • 将棋世界利
  • 週刊ギャロップ
  • つり情報
  • 女医図鑑
  • ねこ
  • 韓流ぴあ
  • カメラマン
  • デジタルカメラマガジン
  • デジキャパ!
  • 園芸マガジン
  • 野菜だより
  • 趣味の文具箱
  • WATCHNAVI

楽天マガジンで取り扱う雑誌のジャンルはかなり豊富で、性別や年齢問わずに楽しめるものが多いことが分かります。

これが全部読み放題ってすごいですよね。

ちなみにここでは挙げていませんが、「男性ライフスタイル」や「男性ファッション」のジャンルもありますので、彼氏や旦那さんともいっしょに楽しめそうです。

楽天マガジンはいろんなデバイスで利用できる!

わたしはスマホかパソコンから利用したいんだけど大丈夫かな?

スマホ、タブレット、PC、どれも利用可能ですよん!

楽天マガジンは色々なデバイスに対応しているため、誰でも利用することができます。

利用可能なデバイス

  • スマートフォン
  • タブレット
  • パソコン

スマホやタブレットでは「Androidアプリ」または「iOSアプリ」で利用し、パソコンではブラウザを利用して雑誌を読むことができます。

楽天マガジンはダウンロードすればオフライン環境でも読める!SDカードへの保存も可能!

出先でも雑誌を読みたいけど、通信量がすごそうだな…。

ダウンロードしておけばオフラインの環境でも読めまっせ!

雑誌読み放題といっても、気になってくるのは通信費…。オフライン環境で利用できれば通信費の心配をすることなく利用できて安心ですよね。

実は楽天マガジンにはダウンロード機能があり、ダウンロードしておけばオフライン環境でも好きな雑誌を読むことができるんです。

しかもうれしいのがSDカードに雑誌のデータをダウンロードできること!

読み放題となるとたくさんの雑誌をダウンロードしてしまいますので、外部SDカードに保存できるのはかなりありがたいです。

もちろん「どの雑誌をダウンロードしたか」、「ダウンロード済みの雑誌の容量」なども確認できますので、ダウンロードした雑誌のデータの管理もカンタン。

読み終わった雑誌のデータも削除できますので安心してくださいね。

ただし、ここまで便利なダウンロード機能ですが、実はダウンロード機能が使えるのはAndroidアプリiOSアプリだけです。

パソコンからは残念ながらダウンロード機能が利用できませんので、このことは覚えておきたいですね。

わたしは病院の待ち時間に読むためにダウンロード機能をよく使うよ!

1つのアカウントで5台までのマルチデバイス対応

楽天マガジンはマルチデバイスに対応しており、1つのアカウントで5台まで利用することができます。

  • 外出先ではスマホ
  • リビングではパソコン
  • 寝室ではタブレット

といった感じで、シーンに合わせてデバイスを使い分けて利用することが可能です。

このマルチデバイス機能を応用すると、例えば1つのアカウントを家族で共有して使えば、家族も雑誌読み放題サービスを利用することができちゃいますね。

ただし、複数人で使っていてもアカウントはひとつだけなので、閲覧履歴やダウンロードしたデータなどがまるわかりとなることには気を付けましょう。

バックナンバーも読むことができる!多いもので18冊も!?

楽天マガジンがさらにすごいのはバックナンバーも読めるということです。

どれだけのバックナンバーが読めるかは雑誌によって異なります。

バックナンバーの例

  • 美ST:2冊
  • 週刊ダイヤモンド:4冊
  • 3分クッキング:17冊

美STはバックナンバーが2冊と少ないように見えますが、1か月に1冊刊行されるファッション雑誌であるため、バックナンバーを2か月分も読めれば十分でしょう。

それに対して3分クッキングは1か月に2冊が刊行されますが、バックナンバーが17冊ありますので、8か月も前の雑誌も読めることになります。

もし買い逃がしたり読み逃したりしても、楽天マガジンであればバックナンバーを読むことができるので安心ですね。

バックナンバーを読むことってあんまりないなぁ。

趣味や知識系の雑誌ではかなり使える機能かも!

バックナンバーは趣味や知識を得るための雑誌でも大きなメリットを発揮します。

例えば女性ライフスタイルカテゴリにある「LDK」という雑誌。内容は「女性が毎日を楽しく、快適に送るための様々な情報」が掲載されています。

この「LDK」では今月分を含めて3ヶ月分の雑誌を読むことができますが、2019年1月から3月号の特集は以下のようになっています。

LDKの3か月分の特集

  • 1月号:史上最強のベストバイ2018
  • 2月号:太らない暮らし方のルール
  • 3月号:お金の貯め方、増やし方

1月号の特集は少しトレンド性がありますが、2月号や3月号のような内容の特集であれば、最新の情報である必要はないですよね。

このように、

バックナンバーが読めることで、自分の好きなジャンルをさらに深掘りして読むことができる

ので、好きなジャンルのバックナンバーを読みあさってみるのもおすすめです。

なんか楽しそう…!

楽天マガジンのデメリットは「一部が非表示になること」

いいことだらけだけど、楽天マガジンは何か使いづらいところとかデメリットってないの?

実は一部が非表示になることがあるんだよね。

とにかくいいことだらけの楽天マガジンですが、必ず知っておきたいデメリットが1つだけあります。

それは

著作権、肖像権、健全性などの関係で一部のページが表示されない

ということ。

例えば「一部のページでアイドルの写真にマスクがかけられている」、「グラビア雑誌の過激な写真の一部にマスクがかけられている」などです。

これは楽天マガジンに限ったことではなくて他の雑誌読み放題サービスでもあることですので、楽天マガジンのデメリットというよりは、雑誌読み放題サービスのデメリットといった方がいいでしょう。

雑誌読み放題サービスには紙の雑誌にはない利便性がたくさんありますが、紙の雑誌にはない制限が設けられていることがあるということは知っておきたいですね。

楽天のポイントが貯まる、使える!

楽天マガジンでは楽天のポイントが貯まり、さらに支払いに楽天のポイントを充当することもできます。

楽天のポイントが貯まる

100円ごとに1ポイントが貯まります。

税込金額に対してポイントが貯まるため、

  • 月額プラン(410円/税込):4ポイント
  • 年額プラン(3,888円/税込):38ポイント

が貯まります。

ポイントは支払った翌月の20日頃に付与されます。

クレジットカードで支払えば、このポイントとは別にさらにクレジットカード側のポイントももらえます。

楽天のポイントを利用できる

楽天のポイントを利用して支払いをすることもできます。

  • 毎年(毎月)固定のポイントを指定(上限指定)
  • すべてのポイントを利用する

ポイントは一部だけ充当することもできますし、全額をポイントで支払うことも可能です。

ポイントで支払いしきれなかった場合は、登録してあるクレジットカードからか、楽天キャッシュ(楽天のオンラインサービスでのみ利用できる電子マネー)から引き落としされます。

まずは31日間0円でお試し!

約250誌以上もの雑誌をたった300円(税別/年額プランの場合)で読み放題の楽天マガジン。

そもそも雑誌1冊の定価が300円以上することが多いため、楽天マガジンの読み放題サービスの対象となっている雑誌を毎月購入している場合、これだけでも十分モトが取れる可能性が高いです。

楽天マガジンは初回登録時のみ、31日間0円でお試しができますので、まずは31日間じっくりとお試ししてみましょう。

解約をしなければそのまま課金されますので、お試しをしてみて気に入らなければしっかりと解約の手続きをしておいてくださいね。

楽天マガジンにお試しで登録していたことを忘れたとしても、無料期間の終了前に一度メールでお知らせが来るので安心ですよ。

わたしは毎月ファッション雑誌を買ってるし、登録しようかなぁ。

いつもの雑誌に加えて他の雑誌も読めるのでかなりおすすめだよ!

わたしは年額プランで楽天マガジンを契約し、翌年も継続してしまうほどに楽天マガジンをこよなく愛しています。笑

気になる方はまずは31日間、無料お試しで雑誌を読みまくってみてくださいね。

まずは31日間無料で
 読み放題をお試し! 

記事の内容は執筆時点のものです。時期により内容が異なる場合があります。

Sponsored Link

 おすすめ 

貯金

貯金へ

節約

節約へ

家計簿

家計簿へ

ブログ

ブログへ

公的制度

公的制度へ

TOP

TOPへ

-節約

Copyright© OLあさとさんの節約帳 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.