節約

もう悩まない!期間限定ポイントを無駄なく使うために知っておきたい「楽天ペイ」の使い方、注意点を解説!

投稿日:

細々ともらえる「楽天の期間限定ポイント」ですが、みなさんはうまく使えていますか?

まとまったポイントなら使い方はたくさんあるのですが、50ポイントや100ポイント程度の期間限定ポイントだと、どうやって使えば良いか悩みますよね。

ポイント消化のために何かを買うと、結果的に出費が増えてしまうし、不要なものを買ってしまうのは本末転倒なような…。

そんな感じで今までわたしは「もったいないな~」と思いつつ、少額の期間限定ポイントは潔く(?)失効していました。

でもあとで知ったのですが、楽天ペイ」を利用すれば、楽天加盟店以外でも期間限定ポイントが使えちゃうんです。

楽天ペイを使うことで、少額の期間限定ポイントがローソンや街の飲食店などで利用できるようになって、節約に貢献してくれるように🙌

こんな使い方があったらもっと早く知りたかった~!

そこでこの記事では、期間限定ポイントの救世主である「楽天ペイ」の使い方やメリットについて解説していきます。

この記事を読むことで楽天ペイの使い方が分かって、少額の期間限定ポイントをムダなく活用できるようになりますよ。

今まで「たった50ポイントだしいいかー」と少額のポイントを捨ててしまっていた人は、楽天ペイの使い方を知って、節約やプチ贅沢に活かしてみてくださいね😊

楽天ペイで楽天のポイントが使える仕組み

楽天ペイでは期間限定ポイントが使えます。

これだけを聞くと、

楽天ペイで楽天ポイントが使えるってどういうこと?楽天ポイントを直接使える「楽天加盟店」とは何が違うの?

と感じる方も多いのではないでしょうか。

ということで、まずは「楽天ペイ」と「楽天加盟店」の違いから見ていきましょう。

「楽天ペイ」と楽天のポイントが使える「楽天加盟店」の違いって?

楽天ペイはアプリを利用してQRコードで支払いする、後払い式の決済手段です。

最近では「LINE Pay」や「apple Pay」などのたくさんの「〇〇ペイ」がありますが、楽天が提供する「〇〇ペイ」が楽天ペイというイメージですね。

それに対して、楽天ポイントは楽天市場を始めとした楽天の加盟店やサービスでポイントを使ったり、貯めたりすることが出来ます。

実際に利用できる店舗の例をザックリ挙げると以下のようになります。

楽天ポイント

  • マクドナルド
  • ミスタードーナツ
  • エネオス
  • サカイ引越センター
  • 楽天市場

楽天ペイ

  • スシロー
  • Zoff
  • ウエルシア
  • オンワードクローゼット
  • ベルーナ
  • SHOPLIST

楽天のポイントを直接使うときには、上記の「楽天ポイント加盟店」でないと利用できません。

でも「楽天ペイ」を導入している店舗であれば、楽天ペイの支払い方法を楽天のポイントに設定しておくことで、間接的に楽天のポイントを使うことが出来るんです。

このことから、楽天加盟店以外でも楽天ペイを利用することで、楽天のポイントが使えちゃうというワケですね!

楽天スーパーポイントや期間限定ポイントを支払いに充当できる

楽天ペイのさらにすごい所は、ポイントを使う設定をすると、期間限定ポイントから優先的に消化してくれるということ。

期間限定ポイントから使用してくれるなんて親切な設計ですよね!笑

なので期間限定ポイントがあるときは、楽天ペイが利用できるドラッグストアで使って日用品の節約に役立てるもヨシ、地元のカフェで利用して外食費の節約に役立てるもヨシです。

ちなみに少額の期間限定ポイントをムダなく消化するなら、少額の商品の取り扱いが多いコンビニがオススメです。

コンビニならお菓子も売っていますし、お惣菜も取り扱っていますので、ダイレクトに食費の節約につながりやすいですよ。

コンビニでスイーツを買ってプチ贅沢を楽しむのもオツですね~☆

楽天ペイの使い方

〇〇ペイと聞くとちょっと身構えてしまいますが…楽天ペイの使い方はとっても簡単です。

他の〇〇ペイのQRコード決済とほぼ同じ感じですよ!

 ①実店舗:コード決済(お店が読み込む)

【楽天ペイ】使い方ーコード表示させて使う方法

  1. アプリでQRコードを表示
  2. 店員さんにQRコードを読み込んでもらう
  3. 決済完了

 ②実店舗:コード決済(自分で読み込む)

【楽天ペイ】使い方ーQR読み取りで支払う方法

  1. アプリを起動
  2. 店員さんに提示されたバーコードを読み込む
  3. 金額を入力
  4. 決済完了

 ③実店舗:セルフペイ(自分で選択&入力)

【楽天ペイ】使い方ーセルフで支払う方法

  1. 「セルフで支払い」を選択
  2. 店舗を選択
  3. 金額を入力
  4. 決済完了

 ④楽天にログインして決済(ネットショッピング)

  1. 支払い方法で楽天ペイを選択
  2. 楽天にログインする
  3. 指示に従って先に進むだけでOK

わたしが何度か楽天ペイを利用して感じた印象としては、実店舗で利用するときは「①コード決済(相手が読み込む)」タイプか「②コード決済(自分で読み込む)」タイプを利用することが圧倒的に多い印象です。

ただ、「③セルフペイ(自分で選択&入力)」は今のところ、一度も利用したことがありません。

お店によってどの方法で決済するか異なってきますので、店員さんの指示に従って支払いしましょう。

楽天ペイの支払い方法を楽天ポイントに設定する手順

楽天ペイで楽天ポイントを使う場合、あらかじめ楽天ペイのアプリでポイントを使う設定をしておくのがオススメです。

 楽天ペイのアプリでポイントを使う設定の手順

楽天ペイのアプリを起動すると、トップページの真ん中あたりに「すべてのポイント/キャッシュを使う」「設定」という表示があります。

【楽天ペイ】ポイントを利用する方法

アプリにログインして、トップの真ん中あたりにある「すべてのポイント/キャッシュを使う」「設定」をチェック。

この「設定」をタップすると、以下の画面が表示されます。

こちらより、ポイント利用の設定をしていきましょう。

【楽天ペイ】ポイントを利用する方法-ポイントの利用設定画面(オリジナル)

ポイントや楽天キャッシュの設定画面。

「利用設定」でポイントをどのように支払いに充当するか選択できます。

「すべて使う」を選択すればポイントで全額支払えますし、「一部使う」を選択すれば使うポイント数を限定できます。

支払いの度にこの作業をするのが手間であれば、「次回もこの設定を使う」にしておくと毎回楽天のポイントを優先して利用してくれるのでラクチンですよ。

楽天ペイのメリット

楽天ペイのイチバンのメリットは、個人的には冒頭でお話した「少額の期間限定ポイントがムダなく利用できること」だと思っています。

ですが楽天ペイには他にも便利な一面があるんです。

ここからは楽天ペイの他のメリットも見ていきましょう。

現金のやり取りなしで支払いできる

楽天ペイはアプリをダウンロードしたスマホされあれば決済が出来ます。

なので楽天ペイが使えるお店やコンビニに出かける際には、財布を持ち歩く必要がありません

また、小銭をジャラジャラやり取りする必要がないですし、決済もコードを読み込むだけなのでスピーディー

ちょっと近くのコンビニに行く程度であれば、スマホ1台を持って気軽にお出かけできてラクチンですよ。

クレジットカードの不正利用のリスクが軽減される

ネットショッピングでクレジットカード情報を登録したり、実店舗で店員さんにクレジットカードを渡したりすることには、少なからず抵抗を持つ方が多いのではないでしょうか。

不正利用のリスクを考えると、ネットショッピングでは極力クレジットカードの番号を入力したくないです…。

でも楽天ペイであればこういった不安がグッと減ります。

ネットショッピングなら楽天のIDとパスワードを入力して指示に従うだけで決済できますし、実店舗であれば表示されるのはコードですので、クレジットカードの情報が直接渡る心配はありません

セキュリティ面に不安があるシーンでは、楽天ペイを使うと安心ですね。

楽天に提携していないお店でも楽天のポイントが利用できる

冒頭でもチラリとお話しましたが、楽天ペイは楽天加盟店でなくても楽天のポイントが間接的に利用できるのが大きなメリットです。

例えばローソンは楽天と提携はしていないため、楽天スーパーポイントを直接利用することが出来ませんよね。

でもローソンの支払い方法は楽天ペイに対応しているため、楽天ペイで支払うことで間接的に楽天スーパーポイントもしくは期間限定ポイントを使うことが出来ます。

その他にも「楽天とは提携していないけど楽天ペイを導入している」というお店は探せば意外とたくさんあります。

ちょっと小さめの実店舗や通販でも、よくよく見てみると楽天ペイを導入していることがありますよー!

楽天のポイントが使えるお店やサービスを探している方は、楽天の加盟店はもちろんですが、楽天ペイが利用できる店舗も合わせてチェックしてみましょう。

今までは見つけられなかった、楽天ポイントの意外な使い道が見つかるかもしれません。

ポイントの2重取り、3重取りでザクザク貯まる

楽天ペイで支払いをすると、200円につき1ポイントの楽天スーパーポイントが貯まります。

これだけだと還元率が0.5%なので、あまりスゴい還元率ではありません。

ですが楽天ペイのチャージ方法をクレジットカードにしておくと、チャージした分、クレジットカードのポイントが貯まるのでポイントの二重取りが可能なんです。

【楽天Pay】クレジットカードと楽天ペイでポイント2重取り

楽天ペイにクレジットカードを登録しておくとポイントの二重取りが可能!

例えば楽天ペイの支払い方法に楽天カード(100円で1ポイント貯まる=1%還元)を設定した場合、

  • 楽天ペイ:0.5%
  • 楽天カード:1%
  • 合計:1.5%

が貯まります。

200円分のお買い物をしたときは、ポイントが3ポイント貯まるということですね。

つまり楽天ペイに対応したお店で支払いをするときは、クレジットカードで直接支払いするよりも、「楽天ペイ&クレジットカード」の組み合わせで支払いをした方がお得になります。

さらに店舗独自のポイントや提携ポイントも貰っておくと、ポイントの3重取りも可能になります🤤

ポイントの3重取りが出来る例

  • ローソン:Pontaポイント
  • ウエルシア:Tポイント
  • ビックカメラ:ビックポイント

楽天ペイで支払いするときは、上記のポイントももれなく貰っておきましょう。

ただし、ひとつだけ注意したい点として楽天ペイに登録できるクレジットカードにはちょっとした制限があります。

このことについては次の項目で解説します。

楽天ペイを使うにあたっての注意点

1.登録できるクレジットカードが限定される

楽天ペイではポイントだけで支払い切れなかった場合、事前に登録したクレジットカードから不足分が自動的に引き落とされます。

※楽天キャッシュを利用している場合はそちらから引き落としされることもあります。

ただし、楽天ペイに登録できるクレジットカードにはいくつかのルールがあるので要注意。

カードのブランドによっては楽天ペイに登録できないことがあります。

〇 楽天ペイに登録できるクレジットカード

  • 楽天カード(ブランド問わず登録OK)
  • VISA
  • Master

× 楽天ペイに登録できないクレジットカード

  • JCB(楽天カードならOK)
  • American Express(楽天カードならOK)
  • Diners Club
  • Discover

Diners Club、Discoverはどのカードであっても登録できません。

JCBとAmerican Expressは楽天カードなら登録可能で、VISAとMasterも基本的に発行元は問わず登録OKとなっています。

ただし、VISA、Masterのカードであっても、登録できないケースもあるようです。

とりあえず楽天カードであれば間違いなく登録は出来そうですね。

2.楽天ペイの支払い上限金額に注意

楽天ペイには支払い上限金額があります。

支払い時にはこの支払い上限金額に気を付けましょう。

  • 楽天ペイの支払い上限金額(決済1回あたり):50万円
  • コンビニで支払うときの上限金額(決済1回あたり):4,000円
  • 利用できるポイント上限数(決済1回あたり):30,000ポイント

楽天ペイの上限金額(50万円)はそう頻繁に到達しない金額だと思いますが…コンビニの支払い上限金額(4,000円)や利用できるポイント上限(30,000ポイント)はリアルな数字なので気を付けたいところ。

また、楽天ペイの上限金額が50万円でも、クレジットカードの利用可能枠分までしか利用できません。

上限金額が細かく分けられていることを覚えておきたいですね。

3.楽天ペイは楽天市場で必ず使えるとは限らない

楽天ペイは楽天のサービスですが、必ずしも楽天市場で利用できるわけではないようです。

どちらも楽天のサービスなのに、楽天市場で使えないというのは不思議ですよね。笑

もちろんお店が楽天ペイに対応していれば使えると思いますが、わたしが普段利用しているお店をいくつか確認してみたところ、楽天ペイに対応しているお店はありませんでした。

楽天市場で楽天ペイに対応しているお店って少ないのかな…?

楽天市場で買い物するときに楽天ペイを使いたい場合は、お店が楽天ペイの支払いに対応しているか、その都度確認する必要がありそうです。

キャンペーンでお得に楽天ペイを利用しよう!

楽天ペイではさまざまキャンペーンを実施しています。

楽天ペイを使うときには、初めてさんも常連さんもキャンペーンをチェックしておくのがオススメ。

過去にはこんなキャンペーンがありました!

キャンペーンの例

 指定のお店で利用すると10%ポイントバックキャンペーン

【楽天ペイ】キャンペーン-10%ポイントバック

指定のお店で楽天ペイを利用すると、あとで10%分のポイントがゲットできます。

 対象のコンビニ+対象のドラッグストアの利用で800ポイントプレゼント

【楽天ペイ】キャンペーン-合計800ポイントプレゼント

楽天ペイを初めて利用する方限定ですが、対象のコンビニと対象のドラッグストアで利用すると800ポイントがもらえます。

 楽天ペイを初めて利用で1,000ポイントプレゼント

【楽天ペイ】キャンペーン-初めて利用で1,000ポイントプレゼント

初めて楽天ペイを利用する方は条件を満たすと1,000ポイントがもらえます。

開催されるキャンペーンはその時々によって変わります。

初めて楽天ペイを利用する方がお得なのはもちろんですが、リピーターさんも使えるキャンペーンも多く開催されているのが嬉しいですね。

楽天ペイを利用するときにはお得なキャンペーンが開催されていないかもチェックしてみましょう。

エントリーや下限金額の条件のあるキャンペーンが多いから、ルールをよくチェックして利用してみてくださいね!

まとめ:楽天ペイは期間限定ポイントの出口として優秀な上に便利!

楽天ペイは期間限定ポイントの出口としてとても優秀。なので使い方や特徴はぜひ覚えておきたいところ。

いつも少額の期間限定ポイントを捨てていた方は、コンビニで楽天ペイを使うだけでも節約やプチ贅沢が出来ますよ。

ネットショッピングで使うときも、クレジットカードの情報を登録することなく決済が出来るのでオススメです。

楽天ペイは利便性が高いから、今まで使ったことがない方はぜひ一度使ってみてくださいね。

以上、「もう失効しない!期間限定ポイントを無駄なく使うために知っておきたい「楽天ペイ」の使い方、注意点を解説!」の内容でした。

Sponsored Link

 おすすめ 

貯金

貯金へ

節約

節約へ

家計簿

家計簿へ

ブログ

ブログへ

公的制度

公的制度へ

TOP

TOPへ

-節約

Copyright© OLあさとさんの節約帳 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.