貯金

貯金用の口座は「住信SBIネット銀行」一択!10年以上愛用する主婦がその理由と使い方を解説。

\ シェアしてね! /

この記事の内容

住信SBIネット銀行の機能を使ったら、貯金を仕組み化できて、ズボラ主婦でも貯金ができるようになった🙌

住信SBIネット銀行貯金用の口座に向いている理由を解説🌸

貯金をするならどの銀行が良いのか、どのように貯金をすれば良いのか、悩みますよね。

世の中には銀行がたくさんあるし、貯金方法も、積み立て貯金や財形貯蓄など、分からないことだらけ…。

私はズボラなので、色々なお金の管理方法を試してきましたが、どれも面倒に感じて長続きしませんでした。

そして最終的に行き着いた”ズボラでも出来る貯金方法”は、「住信SBIネット銀行の機能をフル活用すること」。

住信SBIネット銀行の機能を使えば、強制的に貯金ができる仕組みを作ることが出来るし、毎月の面倒な手続きがなくなって、ズボラの私は超歓喜!

今まで面倒で億劫で苦痛だった貯金が、「何もせずに勝手に貯まる貯金」に変わりました。

そこでこの記事では、

  • 住信SBIネット銀行貯金用の口座としておすすめの理由
  • 独身時代・主婦になってからの実際の使い方

について解説していきます。

この記事を読むことで住信SBIネット銀行を貯金用口座としてどのように利用すれば良いのかが分かり、気付けばラクラク貯金できる仕組みを作ることが出来ますよ。

\  貯金の相棒に!  /

住信SBIネット銀行で貯金用口座として便利な3つの機能

住信SBIネット銀行が貯金用口座としてオススメの理由は、住信SBIネット銀行の3つの機能にあります。

これらの住信SBIネット銀行の機能を使えば、貯金を仕組み化できて、強制的に貯金が出来ます。

ここでは住信SBIネット銀行の「貯金に絶対に活用したい3つの機能」について解説していきます。

便利な機能1:定額自動入金

住信SBIネット銀行で貯金に絶対に利用したい1つ目の機能は、定額自動入金サービス

定額自動入金サービスとは、

他行の同一名義であれば、自動で住信SBIネット銀行に資金を移動できる機能

です。

【住信SBIネット銀行】定額自動入金サービス

定額自動入金サービスのイメージ。

住信SBIネット銀行を貯金用口座として利用する場合は、この定額自動入金サービスを利用して、貯金額を住信SBIネット銀行に資金移動するだけでOK。

そうすると、住信SBIネット銀行は自動的に貯金用口座になるし、一度設定しておくとずっと資金移動され続けるので、貯金できる仕組みがあっという間に出来上がります。

ズボラでも、強制的に貯金が出来るというワケですね!

定額自動入金サービスの詳細については、「関連貯金の仕組み作りの要!住信SBIネット銀行の「定額自動入金」とは?毎月30ポイントもゲット!」で解説しています。

定額自動入金サービスを利用すると、自分が動かなくても資金が自動的に移動してくれるから、とてもラクですよ。

うっかり住信SBIネット銀行にお金を移すのを忘れることがたまにありましたが、定額自動入金サービスを利用してからは勝手に資金が移動するので、毎月バッチリ貯金できるようになりました♪

便利な機能2:目的別口座

住信SBIネット銀行が貯金用口座としてオススメの理由の2つ目は、

お金を目的別に分類できる、「目的別口座」がある

から。

目的別口座はその名のとおり、貯金の目的別にお金を分けられる機能です。

メインの口座とは別に、住信SBIネット銀行内にさらに口座を作って、目的別に貯金を管理できます。

【住信SBIネット銀行】目的別口座

目的別口座は、住信SBIネット銀行内で、さらにお金を細分化できます。

目的別口座を使うと、通帳を増やすことなく貯金の仕分けが出来てオススメ。

目的別口座については、「関連住信SBIネット銀行の目的別口座とは?実際に使ってみて感じたメリットや活用方法を解説!」で詳しく解説していますので、こちらをどうぞ。

便利な機能3:定額自動振り込み

住信SBIネット銀行の貯金用口座として利用したい3つ目の機能は、定額自動振り込みサービスです。

定額自動振り込みサービスは、

事前に指定した日に、指定した口座に、自動で振り込みしてくれる

という機能。

【住信SBIネット銀行】定額自動振り込み

定額自動振り込みは、設定をしておけば自動的に振り込みをしてくれるサービスです。

本来は家賃、駐車場代、保険料など、毎月決まっている金額の振り込みがあるときに使う機能ですが、これを貯金に活かすことも出来ます。

例えば上記の目的別口座を使えば、口座の中に入っているお金を、目的別に細分化できますよね。

でも「結婚資金や車の購入資金など、将来に備えての貯金」と「自分のお小遣い」が一緒の口座に入っているのって、少し気持ち悪く感じてしまいませんか?(私だけ?笑)

「自分のお小遣い」と「将来の出費に備えての貯金」をひとつの口座で管理すると、「使って良い金額」が結局いくらなのかが不明瞭…。これではつい使ってしまう原因になってしまうから、嫌なんですよね…。

そんな時に、定額自動振り込みサービスを使って、お小遣いは別で管理している「自分のお小遣い用口座」に振り込みするといった使い方が出来ます。

こうすることで、貯金用の口座とお小遣い用の口座を明確に分けることが出来て、「たくさん貯金があるなぁ~。ちょっと使っちゃえ!」という貯金の使い込みがなくなりました。

いくら項目別に分けていても、私は意思が弱くて「ちょっとくらい使っても良いかな?」と甘えて、使ってしまうところがありました。ただ、自分で資金を移動するのは面倒。なので「定額自動振り込み」で自分のお小遣い用口座に自動で振り込みすると、ラクな上に、明確に区別も出来てオススメです♪

住信SBIネット銀行を使った貯金のやり方

住信SBIネット銀行で「貯金用口座」として使える、便利な機能を3つ紹介しました。

これらの機能を使えば、貯金を自動化・仕組み化できます。

ただ、社会人になってから主婦になるまで10年近く住信SBIネット銀行を使っていますが、使い方は微妙に異なっています。

ここからは、実際に私が住信SBIネット銀行を使って貯金していた時のやり方を、

  • 独身時代のやり方
  • 主婦になってからのやり方

の2つに分けて解説していきますね。

独身時代の貯金のやり方

私が独身時代にやっていた、住信SBIネット銀行を使った貯金のやり方は以下の図のとおりです。

独身時代に、住信SBIネット銀行を使って貯金を自動化した時の図

住信SBIネット銀行を使った貯金のやり方(独身時代)

まず給与が地方銀行に振り込まれます。

この給与を、貯金額の合計分だけ、住信SBIネット銀行の「定額自動入金」サービスを使って、住信SBIネット銀行に移動させます。

上記の金額で言うと、6万円のところですね。

そして定額自動入金サービスで入金された貯金を、「目的別口座」に振り分けます。

目的別口座の振り分け方は以下のとおりです。

  • 将来の貯金:3万円
  • 車用の貯金:2万円
  • 冠婚葬祭用:1万円

これで住信SBIネット銀行は「貯金専用口座」になりました。

さらに目的別口座を使っているため、住信SBIネット銀行内で、「どの項目に」「どのくらいの貯金があるのか」が見える化されて分かりやすくなります。

生活費(家に入れるお金やお小遣いなど)は、給与が振り込まれた地方銀行でやりくりします。

この仕組みを作るだけで、住信SBIネット銀行には貯金が自動的に貯まっていきます。住信SBIネット銀行からお金を引き出すのは、冠婚葬祭がある時だけだったので、基本的にカードは机の中にしまっておくだけでOKです。

主婦になってからの貯金のやり方

主婦になってからは、上記の流れに加えて、夫と私のお小遣いを自動振り込みするようになりました。

具体的な流れは以下の図のとおりです。

主婦になってからの、住信SBIネット銀行を使って貯金を自動化した時の図

主婦になってからの、住信SBIネット銀行の貯金のやり方

まず地方銀行に給与振り込みされます。

そして住信SBIネット銀行の「定額自動入金サービス」を使って、貯金額の合計+夫のお小遣い+私のお小遣いを資金移動させます。

上記の図で言うと9万円ですね。

そして移動された資金のうち、4万円は目的別口座に振り分けます。

  • 将来用:3万円
  • 冠婚葬祭用:1万円

※車用の貯金は夫の口座で管理するようになりました。

そして夫のお小遣いと私のお小遣いは、それぞれのお小遣い用口座に「定額自動振り込み」を使って、振り込みします。

  • 新生銀行(夫のお小遣い):3万円を夫のお小遣い用口座に
  • ソニー銀行(私のお小遣い):2万円を私のお小遣い用口座に

これで住信SBIネット銀行は貯金専用の口座になった上に、夫婦それぞれのお小遣いの振り分けも自動化されて、ズボラ妻を助けてくれるようになりました。笑

ポイントは夫婦のお小遣いの振り分けを自動化した所。一時期は自分で引き出しに行って振り分けていましたが、引き出しに行くのが遅くなると、夫に「お小遣いまだ?」と急かされることが度々ありました。なので「自動振り込み」を利用して、お小遣いが決められた日に振り込みされるようにしました。

結婚すると、お金の流れは独身時代よりも複雑になります。

私はお小遣いのやり取りに振り込みの機能を使っていますが、例えば

  • 仕送り
  • 子供の貯金用口座

などの資金移動を、定額振り込みサービスを使ってみるのも良さそうです。

自動振り込みは一度設定しておくだけで、毎月継続されます。だから忘れることがないし、確実に資金移動が出来てラクなんですよね。ズボラで忘れっぽい主婦としては、どんどん活用していきたい機能です。

スマートプログラムで手数料が一定回数無料になる

上記のように、住信SBIネット銀行が貯金用口座として使いやすいのは、3つの便利な機能のおかげです。

それに加えて、住信SBIネット銀行には手数料が無料になる特典もあるため、より使いやすいんですよね。

出金手数料:2回~15回まで無料

住信SBIネット銀行は、出金手数料が一定回数無料になります。

出金手数料が無料になる回数は以下のとおり。

  • ランク1:月2回
  • ランク2:月5回
  • ランク3:月7回
  • ランク4:月15回

住信SBIネット銀行のサービスの利用に応じて、毎月「スマートプログラム」でランクが決まります。

そのランクが上がれば上がるほど、出金手数料の無料回数が増えます。

ちなみに何もしていない状態で「ランク1」。

上記の表を見れば分かるとおり、ランク1でも、出金手数料の無料回数は2回あります。

貯金用口座として使う場合、出金すること自体、かなり少ないです。なので出金手数料の無料回数が2回もあれば十分と言えます。

振込手数料:1~15回まで無料

住信SBIネット銀行では、振り込み手数料も一定回数が無料になります。

振り込み手数料の無料回数は以下のとおり。

  • ランク1:月1回
  • ランク2:月3回
  • ランク3:月7回
  • ランク4:月15回

振り込み手数料の無料回数も、スマートプログラムのランクに応じて異なります。

何もしていないランク1の状態だと、1回のみ。

ただ、ズボラ主婦としては自動振り込みの機能をたくさん使ってラクをしたいので、出来れば振り込み手数料無料の回数は多い方が良いです。

なので、目指すはランク2の「振り込み手数料の無料回数が3回」

ランク2は比較的ハードルが低く、達成しやすいですよ。

スマートプログラムのランク攻略法については、「関連住信SBIネット銀行の「スマートプログラム」とは?攻略法は?ランクを上げて手数料を節約!」で解説していますので、こちらをどうぞ。

金利が他行より高い

住信SBIネット銀行が貯金用口座としてオススメなのは、ネット銀行ゆえに、定期預金の金利が他行と比較すると高めなのも理由のひとつ。

ある程度お金が貯まってきて、「このお金はしばらく使わないかな」と思ったら、

  • サクッとネットで手続きをして定期預金に移しやすい
  • 金利も高め

なのが、ネット銀行ならではの良いところです。

例えば100万円を1年間、定期預金した場合の金利を比較すると、以下のとおりです。

定期預金の金利の比較
みずほ銀行0.002%
三菱東京UFJ銀行0.002%
ジャパンネット銀行0.02%
住信SBIネット銀行0.02%
※2020年5月23日現在の定期預金金利

定期預金だと、ネット銀行の方が金利が高くなる傾向があります。

利回りだけで見れば投資の方が高くなりやすいですが…投資だと元本割れのリスクがあって、少し怖いですよね。

住信SBIネット銀行は、他行と比較して定期預金の金利が高いことも、貯金に向く理由のひとつ。

しばらく使わないお金がある程度貯まったら、サクッと定期預金に移しておきましょう。

まとめ:住信SBIネット銀行は貯金用口座に使える機能満載!

住信SBIネット銀行は貯金用口座として使いやすいです。

初めは金利が高い口座を探していて偶然見つけた住信SBIネット銀行でしたが、その使いやすさにドはまりして、独身時代から結婚して主婦になっても、常にメインの銀行として活躍してくれています。

それは住信SBIネット銀行ならではの、便利な機能をたくさん兼ね備えてくれているから。

また、手数料面、金利面でも有利なため、住信SBIネット銀行は社会人になりたての方でも、主婦の方でも、貯金用口座として末永く使いやすい銀行と言えます。

ズボラでも貯金できたのは、住信SBIネット銀行のおかげと言っても過言ではありません。貯金用口座を探している方は、住信SBIネット銀行をぜひチェックしてみましょう。

以上、「貯金用の口座は「住信SBIネット銀行」一択!10年以上愛用する主婦がその理由と使い方を解説。」の内容でした。

\  貯金の相棒に!  /

次に読みたい!

住信SBIネット銀行ひとつで貯金をさらに細分化できる「目的別口座」☺メリットや活用方法を解説します📢

住信SBIネット銀行の目的別口座とは?実際に使ってみて感じたメリットや活用方法を解説!

Sponsored Link
\ シェアしてね! /

-貯金

Copyright© 節約帳 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.