節約

U-NEXTが高い!退会しようと思ったけど、それでも使い続けている理由って?

更新日:

みなさんはドラマや映画、アニメをよく視聴しますか?

私はよくアニメを観るため、「U-NEXT」という動画見放題サービスを利用しています。

毎日たくさんのドラマやアニメを視聴出来るから、楽しいテレビライフを送るためには欠かせないサービスです。

ただ、そんなU-NEXTを利用していて唯一気になるのが「料金の高さ」。

数ある動画見放題サービスの中でも、U-NEXTはトップクラスの月額料金の高さなんです。

実際に月額料金を比較すると、以下のようになります。

動画見放題サービスの料金の比較

  • Hulu:933円(税別)
  • Netflix:800円(税別)~
  • dTV:500円(税別)
  • U-NEXT:1,990円(税別)

比較してみると、明らかにU-NEXTの月額料金は高いですよね…。

実は私はU-NEXTの月額料金がキツく感じ、一度U-NEXTを退会しようと思っていました。

でも他のサイトと比較してみると、「やっぱりU-NEXTが一番だな」と再認識。

U-NEXTはやっぱりココが良かった!

  • 見放題の番組数が圧倒的に多い
  • 毎月もらえるポイントで読書が出来る
  • 家族も動画見放題を楽しめる

上記の点で、やはりU-NEXTのコスパの高さを感じ、高いとは思いつつも結局U-NEXTを使い続けることにしました。

そこで、ここでは「薄給OLが、U-NEXTを一度は高いと思ったけれど、それでも使い続けている理由」をお話していきます。

この記事を読むことで、U-NEXTが「高くても利用され続ける理由」が分かり、動画や電子書籍のある生活がもっと便利で楽しいものになりますよ。

普段からドラマ・アニメ・映画をよく視聴する方や、電子書籍を利用する方は必見!自分だけでなく、家族も動画見放題を楽しめるのもU-NEXTの良いところですよ~!

まずは31日間
 無料で見放題を試す 

U-NEXTの魅力は「利便性」と「コスパの高さ」

私がU-NEXTを利用し続ける理由は、U-NEXTの「利便性」と「コスパの高さ」に魅力を感じているからです。

U-NEXTは確かに月額料金1,990円(税別)というトップクラスの高さですが、それを上回る「良いところ」もたくさんあります。

U-NEXTの魅力

  • 見放題の対象になる作品が多い
  • ダウンロード機能を使えば、通信費を気にすることなく、外でも動画が楽しめる
  • 毎月ポイントがもらえる
  • 複数の端末で利用できる「マルチデバイス」対応
  • 電子書籍・漫画も取り扱う
  • 雑誌読み放題もある
  • 1つの契約で、4人までが動画見放題・雑誌読み放題を楽しめる

U-NEXTには上記のような便利な点がたくさんありますが、この中でも、特に私が便利だと感じるのは

  • 見放題の対象になる作品が多い
  • 毎月ポイントがもらえる
  • 1つの契約で4人までが動画見放題・雑誌読み放題を楽しめる

という点。

実際に他のいくつかの動画見放題のサイトと比較してみましたが、上記の点は他のサイトにはない、U-NEXTだけの唯一無二のメリットだったんですよね。

そこで、ここからは実際に私がU-NEXTを使っていて、便利だと感じた上記の魅力について紹介していきます。

見放題の対象の番組が多い

私がU-NEXTから離れられなかった一番の理由が、「見放題となる作品が多いから」です。

そもそも私が動画見放題のサービスを利用したいと思ったのは、「気になっているアニメ作品をたくさん視聴したい!」と思ったことがキッカケ。

わざわざお店に行くのは億劫だし、レンタルをしてまで視聴しようとは思わない…。

でも動画見放題サービスなら、”わざわざお店に行かずに”、”返却期限に追われることなく”観たかった作品たちを視聴できる。

そう思ったから、動画見放題サービスを利用しようと思ったんですよね。

そのため、私が動画見放題サービスに一番期待しているのは「視聴したい作品を見放題として取り扱っている」ことです。

「動画見放題」のサービスなのに、観たい作品が見放題じゃなければ、何のために月額登録するのか分かりませんよね…。

観たかった6作品すべてを取り扱っているのはU-NEXTだけだった

そこで、ずっと視聴したいと思っていたアニメ6作品をいくつかの動画見放題サイトで検索してみました。

すると、観たかった作品すべてを見放題として取り扱っているのは、なんとU-NEXTだけ

ちなみに観たかった作品は以下の6つです。

U-NEXTで観たかった作品

  • デュラララ!!:2009年
  • 化物語:2009年
  • あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。:2011年
  • STEINS;GATE:2011年
  • 進撃の巨人(season3):2018年
  • かぐや様は告らせたい:2019年

放送されていた年数を見ると、私の視聴したい作品は今年放送されていた作品から10年前の作品まで、年代にかなりバラつきがあります。

話題の新作(上記なら「進撃の巨人」と「かぐや様は告らせたい」)であれば他の動画見放題サービスでも配信されていましたが、10年近く前の作品になると、動画見放題の対象外だったり、そもそも作品自体が配信されていなかったり…。

動画見放題と言っても、サイトによって取り扱っている番組に大きな差があって、ビックリしました。

でもU-NEXTはすべての年代のアニメに対応してくれています。

上記で挙げた以外にも、「あ、これ観たかったんだった(´ω` )」と唐突に思い出した作品を検索してみると、U-NEXTならたいてい見放題作品となっています。

観たいと思った作品が見放題じゃなかったときのガッカリ感って結構大きいんですよね。その点で言えば、「U-NEXTなら観たい作品が視聴できる!」という安心感があるんです。

配信数が多くても視聴したい作品があるかは分からない

実際に検索してみると、U-NEXTでは私が観たいと思っていたアニメ6作品をすべて視聴出来るようでした。

ここでちょっとした疑問が思い浮かびました。

U-NEXTって配信している動画数自体が多いのかな…?(´・ω・`)

そこで有名な動画配信サイトの「見放題の対象の作品数」を調べてみました。

その結果は以下のとおりです。

見放題の対象となる作品数の比較

  • Hulu:5万本
  • Netflix:非公開
  • dTV:12万本
  • U-NEXT:13万本

※2019年9月現在。

Netflixは、見放題の対象となる作品数が公開されていなくて分かりませんでした。

Huluは「5万本」、dTVは「12万本」となっています。

この数字を見ると、U-NEXTの「13万本」という作品数は圧倒的に多いのが分かりますよね。

どうりで、見たいアニメが全部配信されているわけですね~🤤

ところで、ここで気になったのがdTVの動画配信数

dTVは”12万本”の動画が見放題にも関わらず、月額料金はたった”500円(税別)”なんです。

この数字だけを見ると、dTVってすごくコスパが良く見えますよね。

実のところ、私が「U-NEXTって高いんだな~」と思ったのも、dTVの月額料金と見放題の番組数を知ったからです。

ただ、「〇本の動画が見放題!」と謡っていても、その内訳はサイトごとに大きく異なるようです。

というのも、dTVで配信されている12万本の動画のうち、多く配信されているのは「カラオケ動画」や「音楽動画(ミュージックビデオ、ライブ映像など)」だったんですよね。

私がよく見る「アニメ」のジャンルはあまり配信されていませんでした。

実際に私が観たいと思っていた上記のアニメ6作品を検索してみたところ、dTVで配信しているのはたった1作品だけ…。

それぞれの動画配信サイトで、得意な動画のジャンルが異なるみたいですね。表示されている「見放題の動画数」が多くても、自分が観たいジャンルを多く取り扱っているかはまた別の話のようです。

私が動画配信サービスに一番期待していることは、「観たい作品(ジャンル)を、見放題作品として取り扱っている」こと。

U-NEXTを退会できなかった一番の理由は、この「観たいと思った作品が、当たり前に視聴できる作品数の多さ」にあります。

どれだけ動画数が多いとしても、観たい作品が配信されていなかったり、ほとんどが有料なら見放題の意味がありませんよね。U-NEXTは「このアニメが観たい!」のワクワクに応えてくれるから、結局退会できないという結論に至りました。

まずは31日間
 無料で見放題を試す 

毎月ポイントがもらえる

U-NEXTでは毎月ポイントがもらえます。

もらえるポイントは1,200ポイント

U-NEXTポイントは1ポイント=1円分として利用できるため、1,200円相当分ですね。

このポイントは、毎月1日に「継続ボーナス」という内容で1,200ポイントが自動付与されます。

【U-NEXT】ポイントは毎月1日に付与される

毎月1日に付与される、U-NEXTの1,200ポイント。

U-NEXTの月額料金は1,990円(税別)ですが、毎月1,200ポイントが付与されることを考えると、毎月かかる金額は実質790円と見ることも出来ます。

上記で説明したとおり、U-NEXTは番組数の多さが魅力です。これだけ多くの見放題動画を取り扱っているのに、月額料金が実質790円なら、コスパはかなり高いと言えます。

ポイントの使い道

このポイントにはいくつかの使い道があります。

U-NEXTポイントの使い道

  • 有料作品の視聴
  • 映画チケットの交換
  • 電子書籍・電子コミックの購入

U-NEXTでもらえるポイントには、上記のような使い道があります。

私のポイントの使い道はほとんどが「電子書籍」。

動画には見放題の作品数が多いため、ポイントを消化することは滅多にありません。

U-NEXTで読書が出来るようになった

本が好きな薄給OLさんには、「U-NEXTのポイントを使って本を買う」のがオススメ。

本1冊って1,000円~2,000円くらいしますよね。

これって実は薄給OLにとって、地味~~~~に大きな金額

気になる本はたくさんあるものの、この金額が気になって買えないことがよくあります…。

でもU-NEXTでは毎月1,200円相当分のポイントがもらえるため、気兼ねすることなく、毎月好きな本を1冊買えるようになりました。

電子書籍なら外出先でちょっと時間が出来たときにも読めますし、朝時間があるときには、カフェでゆっくり読書なんかも出来ますよ。

今まで欲しい本があってもガマンすることが多かったですが、U-NEXTのポイントのおかげで、本が買えるようになりました。スキマ時間を使って本が読めるから、今までより本に触れる時間がグッと増えたのは嬉しい収穫ですね。

ポイントの使い道は他にも!

「有料作品も電子書籍も利用しないよ!」という場合には、映画のチケットに交換すると便利。

お一人様で大人の時間を楽しむのも良いですし、夫婦でゆっくり映画デートに行くのもオススメです。

映画1本につき、ひとり1,500円~2,000円ほどかかりますよね。決して安い金額ではありませんので、ポイントを充当出来るのは大助かりですね。

U-NEXTのポイントの良いところは、「自分に合った使い方を選べる」ということ。

U-NEXTは動画見放題だけでなく、話題の新作や映画、読書も楽しめるという、「1粒で3度オイシイ」楽しみ方が出来るのも大きな魅力と言えます。

U-NEXTのポイントの使い方については、別の記事「関連U-NEXTのポイントの使い道は?3,600ポイントも失効した私が知っておきたかった注意点も解説!」でさらに詳しく書いています。

気になる方はこちらもチェックしてみてくださいね。

1つの契約で4人までが楽しめる「子アカウント」機能で家族も動画が見放題!

U-NEXTでは、「子アカウント」の機能を利用すれば、1つの契約で4人までが動画見放題・雑誌読み放題を楽しむことが出来ます。

名前は難しそうですが、機能の内容はすごく単純。

契約者を「親アカウント」、残りの3人を「子アカウント」として、最大4人までが動画見放題・雑誌読み放題を楽しめます。

この「子アカウント機能」を使えば、家族がそれぞれ自分の部屋で自分の好きな時間帯に好きな動画見放題や雑誌読み放題を楽しむことが出来ますよ。

我が家の場合は、私が「親アカウント」で夫が「子アカウント」を使っています。私は寝るのが早いから休日に視聴することが多いですが、夫は夜型のため、深夜に視聴することが多いです。

お互い観たい動画も生活時間も違います。自分の時間が空いたときに、好きな動画を好きなだけ楽しめるのはありがたいですね。

動画の視聴履歴・閲覧履歴は別管理!プライバシーが守られて安心!

「子アカウント」は、「親アカウント」とは別に、アカウントが新規で配布されます。

動画の視聴履歴や雑誌の閲覧履歴は、このアカウントごとに管理されているため、お互いの閲覧履歴・視聴履歴は分からないようになっています。

変な番組を観ているワケでなくても、何を視聴したのかを知られるのはなんとなく抵抗があります。これでは気になっていたアニメを思いっきり楽しむことも出来ません。

U-NEXTの子アカウントでは、閲覧履歴・視聴履歴を他の家族に知られる心配がありません。

プライバシーがしっかり守られるため、安心して好きな番組を楽しむことが出来るのがメリットですね。

子アカウントは追加料金なしで利用可能

「子アカウント」は追加料金なしで利用できます。

U-NEXTは月額1,990円(税別)なので、4人(親アカウント1人+子アカウント3人)で利用すれば、1人あたりの金額はなんと約498円

この金額は、動画見放題サービスの中でもかなり割安です。

さらにU-NEXTは冒頭でもお話したとおり、見放題の作品が多いのが魅力。

たった498円でこれだけの作品が見放題なら、コストパフォーマンスはかなり高いです。

家族がアニメやドラマ、映画などをよく視聴するなら、U-NEXTの子アカウントはかなりオススメ!自分だけでなく、家族も見放題を楽しめちゃうんです!

AmazonプライムビデオからU-NEXT派になった我が家

U-NEXTの子アカウントは、家族がすでに他の動画見放題サービスを利用している場合にもオススメ。

実は我が家の夫は、当初は「Amazonプライムビデオ」で動画見放題を楽しんでいました。

ですがU-NEXTの子アカウントを利用するようになってからは、U-NEXTを利用することが多くなったようです。

その理由はやっぱり「見放題の動画の多さ」だそう。

プライムビデオで有料の作品でも、U-NEXTで検索すると見放題になっていることがよくあったため、最近ではU-NEXTの子アカウントから視聴することがかなり増えたそうです。

家族が他の動画見放題サービスを利用していても、「観たい作品が配信されていない」「観たいと思っても有料であることが多い」といった不満を持っていれば、子アカウントの利用がオススメ。

U-NEXTは見放題の作品数が多いため、今よりストレスフリーで動画を楽しめるかもしれません。

子アカウントには視聴制限・ポイント利用制限がある

便利な子アカウントですが、子アカウントにはいくつかの制限があります。

子アカウントの制限

  • 年齢制限がある作品は非表示になる
  • 有料作品の利用は親カウントの設定に依存する

子アカウントの年齢制限

子アカウントでは、年齢制限がある作品は強制的に非表示になります。

子アカウントを利用する人が大人でも子どもでも、年齢制限がある作品は、検索をかけても表示されません。

これはU-NEXTの仕様です。設定でどうこう出来るものではないようです。

子アカウントの有料作品の利用制限

子アカウントでも、有料作品の購入ポイントの利用が出来ます。

ただし、親アカウント側で許可をしている場合のみ。

親アカウント側が制限をかけていると、子アカウントでは有料作品の購入やポイントの利用が出来ません。

「子アカウント」は親が子どもに動画見放題を楽しんでもらうことも想定しています。そのため、見放題・読み放題の楽しさはそのままに、いくつかの機能を制限しているというイメージですね。

子アカウントの設定方法

子アカウントの設定方法はとても簡単。

親アカウントのページから、子アカウントのメールアドレスを登録するだけです👍

子アカウントを利用するのに、特別な手続きは必要ありません。追加料金もかかりませんので、家族が「どんな作品があるのか気になる」といった場合には、気軽に子アカウントを試してみましょう。

まとめ:U-NEXTならストレスフリーで動画見放題が楽しめる!

U-NEXTの月額料金は1,990円(税別)

他の動画配信サイトと比較すると、高いと言わざるを得ない金額です。

ただ、その分利便性が高く、コスパも良いですよ。

U-NEXTは便利&高コスパ!

  • 見放題の動画が多い
  • もらったポイントは電子書籍にも利用可能
  • 1つの契約で4人までが動画見放題・雑誌読み放題を楽しめる

私はアニメ動画や電子書籍を、U-NEXTを利用する前から楽しんでいました。

そのおかげか(?)U-NEXTを使ってみると、私に非常にマッチしていてビックリ!

仕事が疲れた日でも、夜にゆっくりとアニメやドラマを楽しむ時間は至福のひとときです。

もらったポイントを利用して、毎月本を1冊読めるようになったのも嬉しい収穫です。

U-NEXTを利用するようになってからは、1人時間の楽しみがグッと増えました(*•ω•*)

子アカウントを利用している夫もたくさんのアニメを観られるようになって、U-NEXTに満足しているようです♪

U-NEXTの料金は高いですが、その分”便利なサービス”が多いのがメリット。

U-NEXTを利用して、今までよりも楽しい「アニメ・ドラマ・映画鑑賞」「読書」の時間を過ごしてみてくださいね。

U-NEXTは31日間無料でお試し出来ます。

まずは31日間のトライアルで、U-NEXTの作品数を確かめてみましょう😊

まずは31日間
 無料で見放題を試す 

Sponsored Link

 おすすめ 

貯金

貯金へ

節約

節約へ

家計簿

家計簿へ

ブログ

ブログへ

公的制度

公的制度へ

TOP

TOPへ

-節約

Copyright© OLあさとさんの節約帳 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.