家計簿

家計簿の項目の分け方はシンプルがいい!ズボラでも続く「細かく分類しない」やり方。

更新日:

家計簿の管理をするにあたって超重要になってくるのが「項目をどう設定するか」。

ズボラOLのわたしはかなりざっくりとした項目で家計簿をつけています。

ざっくりとしていていいの?

まずは家計簿はつけてデータを取ることが大切だから、あまり難しくしすぎないのがポイントなんだよ。

家計簿は細かく分類すると分析もしやすくなりますが、継続するためにはシンプルにすることも大切です。

ここではズボラOLのわたしでもつけることができた家計簿項目分け方などを解説していきます。

家計簿の項目は複雑にしすぎない!シンプルがポイント

まず大前提として、家計簿をつける目的は

何にいくら使っているのかを把握して、ムダな出費を省くこと

です。

そのためには継続してデータを取る必要がありますので、まずは「継続できるようシンプルなルール」で家計簿をつけていくのがポイントです。

そのときに重要になってくるのが「どんな項目で家計簿をつけていくか」。

家計簿でよく利用される項目はたくさんありますが、どこに分類するかは人それぞれです。

自分がその出費に対してどう考えるかをベースにして、シンプルな項目分けをしましょう。

家計簿の項目を固定費、変動費、特別費に分けてみよう

家計簿って食費とか、電気代とか、冠婚葬祭費とか、いろんなのがあってよくわからなくなっちゃう。

じゃあどんな種類があるか、3種類にざっくり分けて見てみよう!

家計簿のたくさんある項目をざっくり分けると、

  1. 固定費
  2. 変動費
  3. 特別費

の3種類に分けることができます。

固定費

固定費とは

毎月の出費金額がある程度固定されているもの

費目
住居費 家賃、住宅ローン、駐車場代
電気代 電力料金
水道代 水道料金、下水料金
ガス代 ガス料金
通信費 携帯料金、スマホ料金、固定回線費、NHK受信料、新聞
保険料 生命保険、医療保険、年金保険、学資保険、ペット保険
教育費 学費、幼稚園・保育園代、給食代、習い事

変動費

変動費とは

毎月の出費金額が変動するもの

費目
食費 スーパーで買ってきた食材、コンビニ
被服費 服、クリーニング
美容代 化粧品、基礎化粧品、エステ
交通費 ガソリン、公共交通機関の利用料金、定期券
趣味・娯楽費 レジャー、映画、DVD、本、ゲーム、旅行、習い事
お小遣い 家族のお小遣い
仕事費 仕事での付き合いの飲み会、接待費、仕事で使う消耗品の購入
雑費 かご、調味料入れ、寝具、カーペットなど(暮らしていく中で必要なモノ、どの項目にも該当しないもの)

特別費

特別費とは

いずれ出費があることは分かっているけど頻度が低いもの

費目
冠婚葬祭 ご祝儀、出産祝い
税金 固定資産税、自動車税
イベント 誕生日、母の日・敬老の日などの贈り物、七五三、お年玉
会費 町内会費、自治会費、保護者会費
暮らしのメンテナンス 家電の買い替え、マイホームの修繕費、車検代

便利な「雑費」の使いすぎが「使途不明金」の原因になるので気を付けよう!

出費の中で出てきた「どの項目にも当てはまらない出費」はいわゆる「雑費」で処理されることが多いです。

ですがどの項目にも当てはまらない出費をなんでもかんでも「雑費」として処理していると、「雑費が〇万円もあるけど何に使ったか分からない」という「使途不明金」になりがちです。

どの項目にも当てはまらない出費用の項目として「雑費」があることは問題ありませんが、これではどこを節約すればよいか分からないため、

「雑費」に分類された出費はしっかりと見直し、よく発生する出費は新しく項目を設ける

などの対策をしておきましょう。

雑費は便利な項目だけどしっかり見直そうってことだね!

自分の考え方に合った費目分けのルールを作ろう

例えばなんだけど学資保険って「保険料」にも「教育費」にも当てはまると思うんだけど、どこに分ければいいのかな?

自分がその出費に対してどう思うかで振り分けるといいよ!

上記で家計簿の項目を説明しましたが、上記の通りに分類する必要はありません。人によってその項目に関する考え方は変わるため、

自分がその項目に対してどういう考え方なのか

をベースにして項目の分け方のルールを作りましょう。

例えば学資保険であれば「保険料」として見る人もいれば、将来的には入学のための資金にするので「教育費」として見る人もいますし、将来のための貯金なのだから「貯金」として見る人もいるでしょう。

このように、考え方によって項目が変わる出費はたくさん存在します。

家族で外食

食費、娯楽、レジャーのいずれかとして分類

営業職の夫の接待費

食費、交際費、仕事関係のいずれかとして分類

車関係のお金

自動車保険は保険料、自動車税を税金として分類する人もいれば、「車にかかるお金」としてまとめて分類する人も。

また、上記の例では「趣味娯楽費」の中にレジャー費や旅行費が含まれていますが、頻繁にレジャー費が発生する場合は「レジャー費」の項目を新しく作ってしまうのもいいですね。

家計簿の項目の分け方に正解はなく、自分の中に一貫したルールがあればどの項目に分類しても構いません。「自分がその出費に対してどう考えるか」を意識して項目を分けてみましょう。

ズボラOL兼主婦のわたしの家計簿の項目の分け方

実際に家計簿の項目はどんなふうに分けて管理しているの?

例としてわたしの家計簿の項目を紹介するね!

わたしはズボラなので家計簿の項目はかなりざっくりしています。

実家暮らしのときも、結婚して主婦になってからも家計簿がざっくりしているのは変わりませんが、一貫して考えていることは「人間関係に関わるお金・イベント代はケチらないこと」です。

なので「交際費」、「イベント代」、「冠婚葬祭費」などは別に項目を用意しています。

そしてこの出費は削ることがなかなか難しいため、この部分の出費は少し寛容に見るようにしています。

独身・実家暮らしのOLの家計簿の項目

固定費

  • 家に入れるお金
  • 携帯代金
  • 車の保険

変動費

  • 交際費
  • イベント
  • 被服費
  • 美容
  • ガソリン
  • 雑費・医療費
  • たべもの
  • 仕事

自分がよく使うお金を項目ごとに分けてみると、大きな金額を占めるのは「被服費」、「美容費」、「ガソリン代」だったため、この項目は別に分けて、それ以外の項目は「雑費・医療費」として計算しています。

また、友達とのランチやデートでの外食費は「交際費」として計上し、自分ひとりで買った食べ物や外食費は「たべもの」として分けています。(つまり「たべもの」の項目は削ることができる項目です。)

この項目に分けたことによって、それぞれの項目で1か月あたりどのくらいの費用が発生するのかがざっくりと分かり、予算を取りやすくなりました。

結婚してからの我が家の家計簿の項目

結婚してからの家計簿は、固定費の項目は少し詳細になったものの、変動費の項目はやっぱりざっくりしています。

固定費

  • 家賃
  • お小遣い
  • スマホ料金
  • 自動車保険
  • 生命保険
  • 水道代
  • 電気代
  • ガス代
  • NHK受信料
  • 固定回線費

固定費を見直すと継続的な節約が見込めますので、節約を考えるならいずれ固定費の見直しをしておきたいものです。

なので後から見返しがしやすいよう、固定費の項目は少し細かく分類しています。

変動費

  • 食費
  • 日用品
  • 雑費
  • 子ども
  • 娯楽
  • 医療費

我が家は基本的に「被服費」や「美容費」、「趣味にかかるお金」などは個人のお小遣いの中でやりくりするようにしています。

なのでこういった項目が変動費の中に含まれておらず、わりとさっぱりしています。

外食費やレジャー費は「娯楽」に分けています。

また、我が家にはまだ子どもがいませんが、絵本やおもちゃなど、子どもの遊びに関する出費は将来的には「子ども」の項目に分類するつもりです。

イベントや冠婚葬祭費などの特別費は別で計算

イベントや冠婚葬祭費、特別費などは頻繁に発生しないため、別のシート(わたしの家計簿はエクセルです)に記録しています。

かなりざっくりしているんだね。

脳みそが思考停止状態でも使えるようにがモットーだからね。笑

Excelなら自動計算も入ってラクチン!

まとめ:家計簿の項目は細かくせず、自分のルールを作って管理しよう!

家計簿は続けることが大切ですが、複雑なルールにすると家計簿をつけることが億劫になってしまいます。

ルールを細かく決めることでより詳細なデータは取れるかもしれませんが、継続するためには「シンプルな項目」に分けておくのも家計簿のコツです。

ざっくりとしていても大丈夫なので、自分に合った家計簿の項目の分け方を見つけていきましょう。

Sponsored Link

 おすすめ 

貯金

貯金へ

節約

節約へ

家計簿

家計簿へ

ブログ

ブログへ

公的制度

公的制度へ

TOP

TOPへ

-家計簿

Copyright© OLあさとさんの節約帳 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.