貯金

絶対にうまくいく先取り貯金の3つのコツとは?先取り貯金「したつもり」になっているあなたも必見。

更新日:

貯金をしていくならできるだけ取り入れたいのが先取り貯金という方法。

先取り貯金なら

毎月確実にお金を貯めることができる

仕組み化することで半自動的にお金が貯まる

というメリットがあります。

わたしでもできるかな?

3つのコツをつかむと先取り貯金は達成しやすくなるよ!

先取り貯金は3つのコツをつかむとグッと成功しやすくなります。

ただし、先取り貯金をしているけど、貯金を崩してしまう「先取り貯金したつもり貯金」には要注意。

わたしも「先取り貯金したつもり貯金」をしていたよ。

ここでは先取り貯金を成功させるための3つのコツと、注意したい「先取り貯金したつもり貯金」について見ていきましょう。

貯金をするなら必須とも言われる「先取り貯金」とは?

先取り貯金とは

お給料が振り込まれたら先に貯金してしまい、残ったお金で家計をやりくりしていく貯金方法

です。

とてもシンプルな方法ですが、

毎月確実に貯金していくことができる

継続することで大きな貯金を達成できる

というメリットがあります。

あまったお金を貯金するやり方だとダメなの?

あまったお金を貯金に回す貯金のやり方だと、お金があまらなければ貯金ができません。

また、お金があまったとしても少額であれば貯金の効率も良くありませんよね。

人はお金があるとついつい使ってしまいがちなので、貯金をしていくのであれば、先取り貯金で確実に貯金をしていきましょう。

先取り貯金をムリなく成功させるための3つのコツ

先取り貯金は貯金をする上で効果的な方法ですが、さらにムリなく成功させるために、以下の3つのコツをぜひ押さえておきましょう。

先取り貯金をムリなく成功させるための3つのコツ

  1. 適正額で貯金をすること
  2. 貯金用の口座と生活用の口座を分けること
  3. 自分に合った方法で先取り貯金をすること

どれも難しいことではありませんので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

1.適正額で貯蓄をすること

貯金をするときは必ずムリせずできる自分に合った金額でしていきましょう。

というのも、毎月の貯金額を多くすればするほど貯まるのが早くなるため、できるだけ多くの金額を貯金に回したくなりがちです。

ですが家計を圧迫するような金額で毎月貯金をしてしまうと貯金が長く続きません。

貯金は毎月コツコツとしていくことで大きな貯金を達成できるため、少なすぎず、でもムリのない自分に合った適正な金額でやっていきましょう。

適正な貯金額が分からないという方は、「関連わたしの貯金額の適正額っていくら?生活が苦しくなって心のゆとりがなくなっていませんか?」でまずは自分に合った貯金額を見つけてみてくださいね。

2.貯金用の口座と生活用の口座を分ける

貯金用の口座と生活用の口座は分けて管理するのがおすすめです。

なぜかと言うと、生活用の口座に貯金があると、使えるお金が多く見えてしまってついついたくさん使ってしまいがちだからです。

例えば…

生活用 兼 貯金用の口座に300万円があると、なんとなく「たくさんあるから、まぁ使ってしまってもいいか~」と思ってしまい、たくさん使ってしまう。

また、生活用の口座と貯金用の口座を一緒にすると貯金額の把握がしづらくなります

例えば…

「やっと50万円貯まったなぁ」なんて思っていたら、翌月に保険の年払い30万円が引き落としされてしまった→結局貯金があまりできていない状態に。

こういったパターンを避けるためにも、まずは生活用の口座とは別に、貯金用の口座も作っておくのがいいですね。

3.自分に合った方法で先取り貯金を仕組み化しよう

貯金用の口座を持っている場合、お給料が振り込まれたら貯金分を貯金用の口座に移す必要があります。

でもわざわざ銀行をハシゴしてお金を移すのはぶっちゃけ面倒ですよね。

そこで、毎月決められた金額を自動的に貯金してくれる便利なサービスを使って、「先取り貯金を仕組み化」してみるのがおすすめです。

先取り貯金を仕組み化する方法

  • 財形貯蓄
  • 自動積立預金
  • 住信SBIネット銀行のサービスを利用する

こういったサービスを使えば、自分でわざわざ銀行に行かなくても

  • 毎月決まった日に
  • 決まった金額を
  • 決まった口座に

お金を移してくれるのでラクチンですよ。

先取り貯金の仕組み化については「関連ズボラこそやるべき「貯金の仕組み化」。先取り貯金するなら財形貯蓄、積み立て、振り込みのどの方法がおすすめ?」で解説しています。

そもそも先取り貯金に回すお金がない人は家計の見直しからしてみよう

先取り貯金をしたいけど、そもそも先取り貯金に回すお金がないんだけど…?

という方は、まずは家計の見直しをしてみましょう。

というのも、先取り貯金にまわすお金がない場合は、収入に対して支出の割合が大きい可能性が高いからです。

まずは家計簿をつけてお金の流れを知り、

  • ムダな出費をしていないか
  • 分不相応な出費をしていないか

をチェックして家計の見直しから始めましょう。

ムリなく続けられる家計簿のつけ方については「関連ズボラでも続く家計簿の付け方」で紹介しています。

先取り貯金しても毎月崩してしまう人は要注意!家計の見直しをしよう

先取り貯金をしていても、生活費が足りずに毎月のように貯金を崩してしまう人は実は要注意です。

例えば…

毎月6万円を先取り貯金していても、月末にはお金が足りなくなって3万円くらいおろしてしまう

上記の例だと、その月に貯金できているのは実質3万円ですよね。

これでは「毎月6万円を先取り貯金している」とは言えません。

先取り貯金をしたことで貯金した気になってしまいがちですが、

毎月のようにお金を引き出しているのであれば、結果的には貯金額は少なくなってしまう

のです。

こんな「先取り貯金してるつもり貯金」で毎月のように貯金を崩してしまう人は

貯金額か支出の割合が大きい

可能性が高いので、貯金額やムダな出費など、家計の見直しをしてみるのがよいですね。

実はわたしもこのパターンだったんだー!

我が家も実は「先取り貯金してるつもり貯金」でした。

毎月6万円を貯金しているものの、月末に1~2万円が足りなくておろしてしまうことがたまにあったため、家計の見直しをしています。

わたしの場合は固定費を見直して毎月6,000円を節約できたため、その分を貯金に回すことにしました。

節約するのであれば、固定費の見直しなら節約できる金額が大きくなりやすく、なおかつその効果がずっと続くのでおすすめですよ。

固定費の見直しのやり方は「関連毎月かかる「固定費」を削減してムリなく貯金額が増やせる!一度の見直しで大きな節約に。」で解説しています。

まとめ:先取り貯金でお金が貯まる!ただし状況により見直しもしよう

先取り貯金は毎月確実に貯金をしていくことができる方法なので、貯金をしようと意気込んでいる人は先取り貯金をしてみるのがおすすめです。

ただし、

  • 先取り貯金に回すお金がない
  • 先取り貯金をしても崩してしまう

という場合は、貯金額や家計を見直す必要があるでしょう。

自分に合った適正な金額で先取り貯金をして、ムリせずコツコツとお金を貯めていきたいですね。

いっしょに貯金がんばろう~!

Sponsored Link

 おすすめ 

貯金

貯金へ

節約

節約へ

家計簿

家計簿へ

ブログ

ブログへ

公的制度

公的制度へ

TOP

TOPへ

-貯金

Copyright© OLあさとさんの節約帳 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.